源氏物語 ・ おもしろ読み

ドストエフスキーの全著作に匹敵する(?)日本の古典一巻を 現代語訳で読み,かつ解く,自称・労大作ブログ 一日一話。

第一章 前斎宮の物語

第四段 源氏、朱雀院と語る

【現代語訳】

 院におかせられては、あの櫛の箱のお返事を御覧になったにつけても、諦めにくくお思いなのであった。そのころ内大臣が参上なさったので、親しくお話なさる。話のついでに、斎宮がお下りになったときのことを、以前にもお話し出されたので今日もお口にされたが、そのように恋しいお気持ちがあったなどとは、お打ち明けになられない。

大臣もこのようなご意向を知っているふうに顔にはお出しにならず、ただ「どうお思いでいらっしゃるか」とだけは知りたくて、何かとあの斎宮の御事をお話に出されると、御傷心の御様子が並々ならず窺えるので、たいそう気の毒にお思いになる。

「素晴らしい器量だと御執着していらっしゃるご容貌は、いったいどれほどの美しさなのか」と、拝見したくお思い申されるが、まったく拝見おできになれないのを悔しくお思いになる。
 まことに重々しくて、仮にも子どもっぽいお振る舞いなどがあれば、自然にちらりとお見せになることもあろうが、奥ゆかしさが深くなっていく一方なので、そのご様子を拝見するにつれて、実に理想的だとお思い申し上げる。
 このように、帝には他の人の入る余地もなく弘徽殿と宮のお二方がお仕えしていらっしゃるので、兵部卿宮はすらすらとはご決意になれず、「主上が、御成人あそばしたら、いくらなんでも、お見捨てあそばすことはあるまい」と、その時機をお待ちになる。お二方の御寵愛は、それぞれに競い合っていらっしゃる。

 

《確かに宮のあの贈り物への返事の歌(第一段2節)は、「諦めにくくお思い」になるのも無理ないという気がします。院の「京の方に赴き給うな」という言葉は、しきたり上言わなければならなかっただけのものなのですから、それを責められては院の立つ瀬が無く思われます。それにしても無情な言葉に思われますが、どういう仔細があったのでしょうか。

そんな時に源氏が参内して、「親しくお話なさる(原文・御物語こまやかなり)」ということがありました。院は辛い気持を隠しながら、宮の話をされます。

源氏は「ただ『どうお思いでいらっしゃるか』とだけは知りたくて、何かとあの御事をお話に出される」というのですが、そうして院の傷心が分かっても、「お気の毒に」思うだけなのですから、どうも出歯亀的覗き見趣味に思えて、頂けない気がします。

『評釈』は「政治的行為に心を傾けた者の俗的な強さ、優雅さとは反する精神の所業が露呈されている」と言いますが、第二段と同様にここも、源氏が「お気の毒にお思いになる」ような優しい方だと言いたいのでしょう。

男はこういう時は知らない振りをするのが武士の情けで、それが男の美学というものなのですが、女性の美学は違うようです。

院の嘆きの深さを知るにつけても、源氏は宮の美しさを見たいと思うのですが、宮にはまったく隙がなく、見ることができません。

「まことに…」はその話で、彼女に軽はずみな振る舞いがあれば、源氏が垣間見る機会もあるのですが、そういうことがまったくない立派な振る舞いで、源氏は「実に理想的だ」と思ったと言っているわけです。自分が見ることができないから立派だというのは、何とも滑稽です。

さてそれで院の話は措いて、帝の周辺の話です。こうして帝には、遊び相手の奥方と、後見役的奥方の二人が、それぞれに大きな力を持った親を背景に並び立たれることになりました。実は、藤壺の兄で紫の上の父でもある兵部卿宮が、以前から密かに我が娘も、と機会を窺っている(澪標の巻第三章第三段、巻末)のですが、暫くは割り込んでいく余地などないほどに、この二人の立場は盤石だった、と言います。》

 
にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第三段 帝と弘徽殿女御と斎宮女御

【現代語訳】

 中宮も宮中においであそばしたのであった。帝は、新しい妃が入内なさるとお耳にあそばしたので、たいそういじらしく緊張なさっていらっしゃる。お年よりはたいそうおませで大人びていらっしゃる。中宮も、
「このような立派な妃が入内なさるのだから、よくお気をつけてお会い申されませ」と申し上げなさるのであった。
 お心の中で、「大人の妃は気がおけるのではなかろうか」とお思いであったが、たいそう夜が更けてからご入内なさった。実に慎み深くおっとりしていて、小柄で華奢な感じでいらっしゃるので、たいそうおきれいな、とお思いになったのであった。
 弘徽殿女御には、おなじみになっていらしたので、親しくかわいく気がねなくお思いになり、この方は、人柄も実に落ち着いて気が置けるほどで、内大臣のご待遇も丁重で重々しいので、軽々しくはお扱いしにくいとお思いになって、御寝の伺候などは対等になるが、気を許した子供どうしのお遊びなどに、昼間などにお出向きになることは、あちら方に多くいらっしゃる。
 権中納言は、考えるところがあってご入内おさせ申したのだが、このように宮が入内なさって、ご自分の娘と競争する形で伺候なさるのを、何かにつけて穏やかならずお思いのようである。

 

《帝は、幼心に(と言っても「お年よりはたいそうおませで大人びて」いるのですが、それでも)、「大人の妃は気がおけるのではなかろうか」と思って、「たいそういじらしく緊張なさっていらっしゃる」、という子供心が、目に見えるようです。地位を背負うプライドと内実と幼さのアンバランスが、彼に緊張を余儀なくします。

この作者は、若紫でもそうでしたが、子供を描くことが大変巧みで、ここも実にほほえましく読めます。

藤壺も、宮をお迎えするためでしょう、宮中で帝と一緒に待っていて、息子に「よくお気をつけてお会い申されませ」などと、その緊張を煽るようなアドバイスをします。彼女自身の緊張を示しているわけで、彼女がこの宮の入内をどれほど喜んでいるか、察せられます。

帝は実際に会ってみて、「たいそうおきれいな(原文・いとをかし)」と思われました。諸注、多くそう訳していますが、しかしここは「おきれいな」と訳していいのしょうか。

私としては、思ったほど大人大人した人ではなくて、緊張がいくらかほぐれた感じで、「うれしくお思いになった」というように読みたいのですが…。

そうは言っても、弘徽殿女御(権中納言・前の頭中将の娘)は、帝より一歳だけ年上ということで「親しくかわいく気がねなく」一緒に遊べますが、それと比べると、やはり気兼ねがあるようです。帝と言えどもなかなか大変です。

ところでここでは、宮の方は「この方(原文・これ)」と呼び、弘徽殿を「あちら方に多くいらっしゃる(原文・あなたがちおはします)」と言います。つまり源氏サイドに立って語っているわけで、権中納言は相手方です。彼もまた娘を「考えるところがあって」、つまりいずれは中宮にと考えているので、「何かにつけて穏やかならずお思いのようである」という気持を生むわけで、かつての弘徽殿大后方を退けた今、明石の巻までの盟友が、今度はライバルとなって登場した感があります。明らかに時代が移ったのです。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第二段 源氏、朱雀院の心中を思いやる

【現代語訳】

「院のご様子は、女性として拝見したい美しさで、この宮のご様子も不似合いでなく、とても似つかわしい間柄のようであるが、主上はまだとてもご幼少でいらっしゃるようなので、このように無理にお運び申すことを、心中、不快にお思いでいらっしゃろうか」などと、立ち入ったことまで想像なさって、胸をお痛めになるが、今日になって中止するわけにもいかないので、万事しかるべきさまにお命じになって、ご信頼になっている参議兼修理大夫に委細お世話申し上げるべくお命じになって、宮中に参内なさった。
「表立った親のようには、お考えいただかないように」と院にご遠慮申されて、ただご挨拶程度とお見せになった。

優れた女房たちが、もともと大勢いる宮邸なので、里に引き籠もりがちであった女房たちも参集して、実にまたとなく、その感じは理想的である。
「ああ、生きていらっしゃったら、どんなにかお世話の仕甲斐のあることに思って、お世話なさったことだろう」と、故人のお人柄をお思い出しになるにつけ、

「特別な関係を抜きにして考えれば、まことに惜しむべきご様子だったよ。あのようにはできないものだ。風流な面では、やはり優れていた」と、何かの折々にはお思い出し申し上げなさる。

 

《最初は年案配の話です。前説にも言いましたが、院は三十四歳でこの宮は二十二歳、入内しようという帝は十三歳ですから、普通に考えれば、帝より院の方が似合いだと、源氏自身も考えます。そこで源氏は、宮もそのことを「心中、不快にお思いでいらっしゃろうか」などと、今ごろになって考えたりしています。「立ち入ったことまで想像なさって(原文・にくきことをさへおぼしやりて)」と作者は言いますが、普通に考えれば、当たり前のことで、むしろ白々しい気さえするくらいです。

作者としては、思いやり深い人だというふうに読んでほしいところなのでしょうが、話のつながりから考えると、それには無理があります。

前にも書きましたが、源氏という人には、ありとあらゆる美点が与えられていて、場面々々で、読者がかくあれかしと思う期待に応えるように、都合のいい美点が語られる、そういう傾向にあるようです。

『人物論』は巻頭に「光源氏論~境界性のゆらぎ~」(高橋亨著)を掲げていますが、それは「光源氏像が人格として分裂し、荒唐無稽なものだといった見解は、これまで繰り返し述べられてきている」と書き起こされています。

彼は、一貫した人物としてではなく、物語を都合よく展開させる、変幻自在の狂言回しといった面を強く持っているのだと考えると、あまり無理なく読めるように思います。そういう源氏のまわりで、一貫した個性ある女性たちが物語を織りなすのです。

 ともあれ、そういうふうに源氏に少しは反省させたという意味では、院の贈り物は、一応その目的を達したと言えそうです。

 もちろん「今日になって中止するわけにもいかない」わけですから、参内の手配が着々となされます。「優れた女房たちが、もともと大勢いる」上に、昔の者たちも帰ってきて、宮の周辺は賑やかに華やかに人々が行き交います。

 源氏は、ひとしきり、六条御息所の思い出に耽ります。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第一段 朱雀院、前斎宮の入内に際して贈り物する~その2

【現代語訳】2
 源氏の大臣はこれを御覧になって、いろいろとお考えになると、たいそう恐れ多く、おいたわしくて、ご自分の性癖のままならぬ恋に惹かれるわが身をつまされて、
「あのお下りになった時、お思いになっただろうことが、このように何年も経ってお帰りになってそのお気持ちを遂げることができる時に、このように意に反することが起こったのを、どのようにお思いであろう。御位を去り、もの静かに過ごしていらっしゃって、世を恨めしくお思いだろうか」などと、

「自分がその立場であったなら、きっと心を動かさずにはいられないだろう」と、いろいろとお思いになると、お気の毒になって、

「どうしてこのような無理強引なことを思いついて、おいたわしくお苦しめ悩ますのだろう。恨めしいともお思い申したが、また一方ではお優しく情け深いお気持ちの方を」などと、お思い乱れなさって、しばらくは物思いに耽っていらっしゃった。
「このご返歌は、どのように申し上げなさるのか。また、お手紙はどのようだったか」などと、お尋ね申し上げなさるが、女別当はとても具合が悪いので、お手紙はお見せできずにいる。宮はご気分も悪そうにお思いになって、ご返事をとても億劫になさったが、
「ご返事申されないのも、とても情けなく、恐れ多いことでしょう」と、女房たちが催促申し上げ困っている様子をお聞きになって、
「とても好くないことです。かたちだけでもご返事差し上げなさい」と申し上げなさるにつけてもひどく恥ずかしいが、昔のことをお思い出しになると、たいそう優しくお美しいお姿でひどくお泣きになったご様子を、なんとなく悲しい気持で拝見なさった自分の子供心も、つい昨日のことのように思われると、故御息所のお事などが、次々に悲しく思い出されて、ただこのように、
「 別るとてはるかに言ひし一言もかへりてものは今ぞ悲しき

(はるか昔、別れの御櫛をいただいた時に仰せられた一言が、帰京した今となっては

悲しく思われます)」

というぐらいであっただろうか。

お使いへの禄を身分に応じてお与えになる。大臣は、お返事をひどく御覧になりたくお思いになったが、お口にはお出しになれない。

 

《源氏は、兄・朱雀院のこの姫に対する思いがいかに深かったかを推し量り、自分の恋心に振り回されてきた身を思って、我が企てたことながら、院のお気持ちに添わないことになったことに対して、同情を禁じえません。この方は本当にいい人なのです、と作者は言いたいのです。

院の気持はすでに母・六条御息所に伝えられていたのですから、もちろんこの宮も承知の上なのでしょう。そこに入内の話が進むこの時期になって、前節のような恨みがましい歌が届けられては、宮としては返事のしように困るのは無理もありません。

しかし相手が院からの贈り物とあってはそのままにもならず、源氏も、またお付きの女房たちもご返事を督促します。

「ひどく恥ずかしい」というのが分かりにくいのですが、『評釈』は、「(源氏の督促は)院と宮との関係に(源氏が)いわば介入することになる。…真の親ならぬ源氏の介入は、はじらいの心をさしのぞかれるような思いである」といいます。ということは、彼女にも院に対する好意があったと考えるということになりますが、確かに、二十二歳の彼女としては、十三歳の帝よりも、三十四歳の院の方が魅力的だったとしても不思議はありません。

ともあれ、宮もさすがに何もなしとも行かず、歌を返します。

歌の中の「一言」は、あの下向の時の「京の方に赴き給うな」(賢木の巻第一章第五段)を指しています。

源氏が、「このご返歌は、どのように申し上げなさるのか。また、お手紙はどのようだったか」と詮索しながら、手紙も見られず、返歌を知ることもできずに、結局「お口にはお出しになれない」と結ばれるのが、おもしろいところです。『評釈』は「源氏の心理は色めいたものといえよう」と言いますが、言わば中年男のいやらしさ、覗き見趣味の傾向を見せているのでしょう。人の平均寿命は江戸時代でさえ四十歳に満たなかったそうですから、この年三十一歳の源氏は、十分中年でしょう。貴公子の隠された一面です。きれい事だけでは済みません。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第一段 朱雀院、前斎宮の入内に際して贈り物する~その1

巻十七 絵合 光る源氏の内大臣時代三十一歳春の後宮制覇の物語

第一章 前斎宮の物語 前斎宮をめぐる朱雀院と光る源氏の確執

第一段 朱雀院、前斎宮の入内に際して贈り物する

第二段 源氏、朱雀院の心中を思いやる

第三段 帝と弘徽殿女御と斎宮女御

第四段 源氏、朱雀院と語る

第二章 後宮の物語(一) 中宮の御前の物語絵合せ

第一段 権中納言方、絵を集める

第二段 源氏方、須磨の絵日記を準備

第三段 三月十日、中宮の御前の物語絵合せ

第三章 後宮の物語(二) 帝の御前の絵合せ

第一段 帝の御前の絵合せの企画

第二段 三月二十日過ぎ、帝の御前の絵合せ

第三段 左方、勝利をおさめる

第四章 光る源氏の物語 光る源氏世界の黎明

第一段 学問と芸事の清談

第二段 光る源氏体制の夜明け

 

【現代語訳】1

 前斎宮のご入内のことを、藤壺中宮が御熱心に源氏に御催促申される。こまごまとしたお世話までできるこれといったご後見役もいないとご心配になるが、源氏の大殿は、朱雀院がお聞きあそばすことをはばかりなさって、二条の院にお迎え申すことをもこの度はご中止になって、まったく知らない顔に振る舞っていらっしゃるが、一通りの準備は受け持って、親のように世話してお上げになる。
 朱雀院はたいそう残念に思し召されるものの、外聞が悪いのでお手紙なども絶えてしまっていたのだが、入内の当日になって、何ともいえない素晴らしいご装束の数々、お櫛の箱、打乱の箱や香壺の箱など幾つも、並大抵でなく、また、いろいろのお薫物の数々や薫衣香を、またとなく素晴らしくて、百歩の外を遠く過ぎても匂うくらいに特別に心をこめて、お揃えあそばした。源氏の大臣が御覧になることもあろうからと、前々から御準備あそばしていたのであろうか、いかにも特別誂えといった感じのようである。
 源氏の殿もお渡りになっていた時なので、「これこれの次第で」と言って、女別当が御覧に入れる。ちょっとお櫛の箱一組の片方を御覧になると、この上もなく精巧で優美に、めったにない作りである。さし櫛の箱の心葉に、
「 別れ路に添へし小櫛をかことにてはるけき仲と神やいさめし

(伊勢にお旅立ちの別れの折りに御櫛を差し上げましたが、それを口実にあなたとの

仲を遠く離れたものと神がお決めになったのでしょうか)」

 

《蓬生、関屋の巻と二巻、少し時間を遡っての二つの挿話が入りましたが、ここからまた、澪標の巻の終わりから続く、話の本線に帰ります。

巻の名前は、第二、三章の催しによります。

前斎宮とは、六条御息所の忘れ形見の姫君、この人の縁談の話が澪標の巻第五章第五段にあって、朱雀院が所望だったのですが、源氏(ここで大殿と呼ばれます)と藤壺女院(ここではなぜか中宮と呼ばれています、『評釈』は、ここでの彼女の動きが政治的だからだとします)とが、冷泉帝に入内させようと相談していたのでした。この段はそのことを巡る話になります。

 澪標の巻ですでに二人で示し合わせて、源氏は表に出ずに実働隊、あるいは黒幕に廻り、もっぱら藤壺が表に立って話を進めることに話が付いていましたが、ここではそのとおりに運ばれているようです。帝の母君からの要請とあれば、誰も、たとえ院でも、無礙にはできないのでしょう。

 「朱雀院はたいそう残念に思し召されるが」以下では、前斎院はすでに冷泉帝に入内と決まってしまっているようです。二人がタッグを組んで着々と進める企てに、院といえども、なすすべ無しということだった、ということのようです。

院は、前斎宮に対して、思いはありながら、母・六条御息所の辞退もあり、源氏達の動きも気にされたのでしょう、「お手紙なども絶えて」おられたのですが、入内の当日になって突然、姫に対して大変な祝の品々を贈られます。それは「いかにも特別誂えといった感じのようである(原文・いとわざとがましかめり)」のでした。院は、そういう形で自分の残念な気持を表されたというわけです。

これ見よがしの贈り物は、源氏への無言の抗議と言ってもいいのかも知れません。少なくとも年齢的にはこの入内は不自然で、自分とならその点問題はない、それにそういう気持も、自分の方が先にあったのだという思いもあり、院が、源氏一派の入内工作を、自分に対する横やりと思われても無理の無い縁談ではあります。

院の歌は、斎宮下向の際に「京の方へ赴き給うな」と言わねばならなかった(賢木の巻第一章第五段)ことを悔やむ気持での恨みの歌です。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

プロフィール

ikaru_uta

カテゴリー
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ