源氏物語 ・ おもしろ読み

ドストエフスキーの全著作に匹敵する(?)日本の古典一巻を 現代語訳で読み,かつ解く,自称・労大作ブログ 一日一話。

第一章 末摘花の物語(一)

第五段 乳母子の侍従と叔母

【現代語訳】

 侍従などと言った御乳母子だけが、長年お暇も取ろうともしない者としてお仕えしていたが、お出入りしていた斎院がお亡くなりになったりなどして、まことに生活が苦しく心細い気がしていたところ、この姫君の母北の方の姉妹で、落ちぶれて受領の北の方におなりになっていた人がいた。娘たちを大切に育てていて、気の利いた若い女房を求めるので、「全然知らない家よりは、親たちも出入りしていた所だから」と思って、時々出入りしている。この姫君は、このように人見知りするご性格なので、親しくお付き合いなさらない。
「私を軽蔑なさって、不名誉にお思いであったから、姫君のご生活が困窮しているようなのも、お見舞い申し上げられないのです」などと、こ憎らしい言葉を言って侍従などに聞かせては、時々手紙を差し上げた。
 もともと生まれついたそのような並みの人は、かえって高貴な人の真似をしてとりすまして、お高くとまっている人も多くいるが、高貴なお血筋でありながらも、こうまで落ちぶれる運命だったからであろうか、心が少し卑しい叔母なのであった。
「私がこのように落ちぶれたありさまで見下しておられたので、何とかしてこのような宮家の衰退した折に、この姫君を自分の娘たちの召し使いにしたいものだ。考え方の古風なところがあるが、いかにも安心できる世話役といえよう」と思って、
「時々ここにおいでになって、お琴の音を聴きたがっている人がおります」と申し上げた。

この侍従もいつもお勧めするが、人に逆らう気持ちからではなく、ただ大変な引っ込み思案でいられるので、そのように親しくなさらないのを、憎らしく思うのであった。
 こうしているうちに、その叔母の夫が大宰大弍になった。娘たちをしかるべく縁づけて、筑紫に下向しようとする。この姫君をなおも誘おうという執念が深くて、
「遥か遠方にこうして赴任することになりましたが、心細いご様子が、つねにお見舞い申し上げていたわけではありませんでしたが、お近くで安心できた間はともかく、とても気の毒で心配でなりません」などと言葉巧みに言うが、まったくご承知なさらないので、
「まあ、憎らしい。ご大層なこと。自分一人お高くとまっていても、あのような草ぼうぼうのところに過ごしていらっしゃる人を、大将殿も大事にお思い申し上げなさらないでしょう」などと、恨んだり呪ったりしているのであった。

 

《あまりの困窮に侍女達も次々にいなくなり、侍従である乳母子だけになってしまいましたが、その侍従が、姫のもとだけでは生活が成り立たないと、姫の叔母で受領の妻となってはぶりのいい人の求めに応じて、そこにも仕えることにします。

 この「気の利いた若い女房を求めるので」のところは、『集成』版の原文は「よろしき若人どもも」とあって、意味が取りにくく、『評釈』版に「よろしき若人ども求むるに」とあるのに従っています。

 その叔母は、姫と同じく宮家の一党だったのですが、受領の妻に身を落としたことに引け目を感じ、姫にも見下されていると思い込んでいたのですが、姫の今の窮状を見て、この機会に彼女を自分のところに来させて、娘たちの侍女扱いにしてしまうことで、かねての鬱憤を晴らそうと、姫にあの手この手とお為ごかしのちょっかいを掛けてきます。

ここに登場してきた姫の叔母という人が、一応悪役ながらなかなか面白い人です。巧妙な善意に見せかけたいじましい自己顕示は、いつの時代でも中流社会に見られがちなあり方のようです。そしてあえて言ってよければ、それは女性たちに似合います。男が同じことをすると、陰湿でみすぼらしく見えますが、女性のこうした行為は、言わば逞しい生活力の一つの発現であるように見えて、ほほえましくも思われます。

もちろん、この叔母という人も、それほど悪い人ではありません。作者も「心が少し卑しい」と、加減した言い方をしています。

彼女のすることは、ひがみからの意地悪に過ぎません。それも表立って困らせようというのではなく、あくまでもお為ごかしで、かえって、一向に言うことを聞かない、融通の利かない姪の頑なさに、ひとりで切歯扼腕している姿が大変に滑稽です。

前の末摘花の巻では、読者も、そして語り手も、この時代錯誤的で鈍重な姫の頑固さに失笑していたのですが、ここではいつのまにか、逆に声援を送る気分になっていきます。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第四段 末摘花の気紛らし


【現代語訳】

 たわいもない古歌、物語などといった慰み事でこそ、無聊を紛らわしこのような暮らしを慰めるものなのであろうが、そのような方面にも関心が鈍くいらっしゃる。

特にお好きだというのではなくても、自然と急ぐ用事もない時には気の合う者どうしで手紙の書き交わしなど気軽にし合ってこそ、若い人は木や草につけて心をお慰めになるはずなのだが、父宮が大事にお育てになったお考えどおりに、世間を用心すべきものとお思いになっていて、たまには文通なさってもよさそうなご関係の家にも、まったくお親しみにならず、古くなった御厨子を開けて、『唐守』『藐姑射の刀自』『かぐや姫の物語』などの絵に描いてあるのを、時々のもて遊び物にしていらっしゃる。
 古歌といっても、おもしろい趣向で選び出してあって、題詞も詠み人もはっきり分かっているものは見所もあるけれども、堅苦しい紙屋紙や陸奥紙などの厚ぼったいのに、古歌のありふれた歌が書かれているのなどは実に興醒めな感じがするのだが、それを、ひどく物思いに耽りなさるような時々には、お広げになっている。

今の時代の人が好んでするらしい、読経をちょっとしたり、勤行したりなどということは、とてもきまり悪いものとお考えになって、別に見る人もいないのだが、数珠などをお取り寄せにはならない。

このように万事きちんとしていらっしゃるのであった。

 


《この姫は、いたって生真面目な人なのです。

これといった趣味も持たず、人との交際にも疎く、幾つになっても父の言いつけをそのまままっすぐに守り、幼い頃に父母に一緒に遊んでもらったお絵かきを同じように今も「もて遊びもの」にするだけです。

和歌は、この時代の姫達の必須の素養なのですが、彼女が開いているのは、「堅苦しい紙屋紙や陸奥紙」に書かれたものと言います。「紙屋紙」は「官庁用紙とする」(『辞典』)ものですから、今ならコピー用紙といったところ、「陸奥紙」はよく分からないようですが、厚手の紙で包装用・表具用、または目録用と言われているようですから、奉書のようなものを考えればいいでしょうか、その紙の質から見て父宮が何かの折の手習いか何かとして書かれたものらしく思われます「誰でも知っている歌が書いてある。近代性がなく、変化がなく、流行がない。若い姫の見るべきものではないが、父宮が大事にされたものだからと思って、姫は広げるのである。」(『評釈』・途中、「大事にされた」というのは、姫の思いで、たまたま残っていただけではないかと思いますが)といった具合ですから、宿題をするように、ここでも生真面目に読んでいるのでしょう。

最後の「読経」もしなかったというのは、ちょっと意外ですが、「昔は姫君などはしてはならないものであった」と『評釈』が言います。「仏教に心を寄せている」のは「今で言えば哲学づいている」ようなもの(同)で、このころにはもう「今の時代の人が好んでするらしい」ということに変わってきていたのですが、姫は父の時代の考え方を守っているのです。

語り手も「万事きちんとしていらっしゃる」と呆れるしかないほどに、まさに「姫」であったわけで、そしてこの年まで(年齢はよく分かりませんが、決して幼いとは言えないこの年まで)、幼い箱入りのままの姫であったのでした。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第三段 常陸宮邸の荒廃

【現代語訳】

 ちょっとした用件でも、お訪ね申す人はないお身の上である。ただ、ご兄弟の禅師の君だけがたまに京にお出になる時にはお立ち寄りになるが、その方も、世にもまれな古風な方で、同じ法師という中でも処世の道を知らない、この世離れした僧でいらっしゃって、生い茂った草、蓬をさえ、かき払うものともお考えつきにならない。
 このような状態で、浅茅は庭の表面も見えず、生い茂った蓬生は軒と争って成長している。葎は西と東の御門を鎖し固めているのは心強いが、崩れかかった周囲の土築を馬、牛などが踏みならした道にして、春夏ともなると、放し飼いする子どもの料簡も、けしからぬことである。
 八月、野分の激しかった年、渡廊類が倒れふし、幾棟もの下屋の粗末な板葺きであったのなどは、骨組みだけがわずかに残って、居残る下衆さえいない。炊事の煙も上らなくなって、お気の毒なことが多かった。
 盗人などという情け容赦のない連中も、想像するだけで貧乏と思ってか、この邸を無用のものと通り過ぎて、寄りつきもしなかったので、このようにひどい野原、薮原であるが、それでも寝殿の中だけは昔の設えのまま変わず、きれいに掃いたり拭いたりする人もいないから塵は積もっても、雑事に乱されることのないきちんとしたお暮らしぶりで、お過ごしになっている。

 

《この段になると、窮状は悲惨を通り越して滑稽といってもいい有様です。

 「浅茅は庭の表面も見えず、生い茂った蓬生は軒と争って成長している」からして見事に愉快な表現ですが、「ご兄弟の禅師の君」も姫に劣らぬなかなか個性的な人のようで、「生い茂った草、蓬をさえ、かき払うものともお考えつきにならない」という案配です。

 当然この姫の窮状についても無頓着なのでしょうから、やって来て二人で一体どんな話をしているのか、と考えてみると、よほど世離れた光景であろうとは思われます。

 牛飼いの子どもが、屋敷の庭に牛馬を「放牧」します。それを作者は「けしからぬことである」と怒って見せますが、その怒りはどうも本気とは思われません。

 そして究極は、落語にでもありそうに、盗人さえも「この邸を無用のものと通り過ぎて、寄りつきもしな」いという徹底ぶりです。

 源典侍の話や、夕顔の死を悲しんで源氏が落馬したというエピソードとかのところでも言いましたが、この作者には、通常イメージされる姿とは違って、ユーモアの資質が十分にあります。

それにも関わらず、というか、そのように荒廃した結果、世間から隔絶されたことが幸いしてか、その惨憺たる荒廃の中心である寝殿だけは、あたかも台風の目のように、「昔の設えのまま変わず、…きちんとしたお暮らしぶり」で、それなりに別世界ができあがっている趣です。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第二段 常陸宮邸の窮乏

【現代語訳】

 もともと荒れていた宮の邸の中は、ますます狐の棲みかとなって、気味悪く人気のない木立に梟の声を毎日耳にするようになって、人気があったからこそそのような物どもも阻まれて姿を隠していたが、今は木霊などの怪異の物どもが我がもの顔になって、だんだんと姿を現し、何ともやりきれないことばかりが数知らず増えて行くので、わずかに残ってお仕えしている女房は、
「やはり、まこと困ったことです。最近の受領どもで風流な家造りを好む者が、この宮の木立を気に入って、お手放しにならないかと伝を求めてご意向を伺わせていますが、そのようにあそばして、とてもこう恐ろしくないお住まいに、ご転居をお考えになってください。今も残って仕えている者も、とても我慢できません」などと申し上げるが、
「まあ、とんでもありません。世間の外聞もあります。生きているうちに、そのようなお形見を何もかも無くしてしまうなんて、どうしてできましょう。このように恐ろしそうにすっかり荒れてしまったが、親の面影がとどまっている心地がする懐かしい住まいだと思うから、慰められるのです」と、泣く泣くおっしゃって、お考えもなさらない。
 お道具類についても、たいそう古風で使い馴れているのが昔風で立派なのを、にわか仕込みの骨董いじりをしようという者がそのような物を欲しがって、特別にあの人この人にお作らせになったのだと聞き出してお伺いを立てるのも、いつのまにやらこのような貧しいあたりと知って侮って言って来るのだが、いつもの女房が、
「しかたがございません。そうすることが世間一般のこと」と思って、目立たぬように取り計らって、眼前の今日明日の生活の不自由を繕う時もあるのを、きつくお叱りになって、
「わたしのためにとお考えになって、お作らせになったのでしょう。どうして賤しい人の家の飾り物にさせましょうか。亡きお父上のご遺志に背くのがたまりません」とおっしゃって、そのようなことはおさせにならない。

 

《姫の屋敷は荒れて大変なことになっていました。狐、梟、木霊の住み処となって、お仕えしている女房は、毎日が生きた心地もありません。

庭木を売れ、家を売れ、調度類を売れと、足元を見た人々が女房たちをたきつけ、そそのかし、女房たちも姫に次々にそうするように進言します。

が、姫は、がんとして聞き入れません。

『評釈』は「夕顔の巻の再現」として、あのなにがしの院と比較して「動揺する者どもに囲まれて、動かない姫は立派である。この姫を、木精が、梟が、狐が、なにするものであろう」と力を込めて、姫を応援します。

しかし、この姫は決してそんな力強い決断、強固な意志を持っているのではないという点が肝心だと思います。

彼女はただ、純粋に、一途に自分の世界に生きているだけなのではないでしょうか。彼女にとって、庭木を切らせないとか、調度を売らないとかということは、比較検討し考慮し判断して選択した結果の決断ではありません。あえて今はもう古びてしまったらしい、私の青春時代の言葉を使って大袈裟にいえば、それが彼女の「実存」なのです。彼女は彼女自身を小娘のように純粋に生きているだけなのだと、読みたいところです。親から与えられた生活を忠実に守って、その中だけで生きているのです。

そういう幼さ、純粋さ、それを、作者はいとおしいものと思っているようなのです。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第一段 末摘花の孤独

巻十五 蓬生 光る源氏の須磨明石離京時代から帰京後までの末摘花の物語

第一章 末摘花の物語(一) 光る源氏の須磨明石離京時代

第一段 末摘花の孤独

第二段 常陸宮邸の窮乏

第三段 常陸宮邸の荒廃

第四段 末摘花の気紛らし

第五段 乳母子の侍従と叔母

第二章 末摘花の物語(二) 光る源氏帰京後

第一段 顧みられない末摘花

第二段 法華御八講

第三段 叔母、末摘花を誘う

第四段 侍従、叔母に従って離京

第五段 常陸宮邸の寂寥

第三章 末摘花の物語(三) 久しぶりの再会の物語

第一段 花散里訪問途上

第二段 惟光、邸内を探る

第三段 源氏、邸内に入る

第四段 末摘花と再会

第四章 末摘花の物語(四) その後の物語

第一段 末摘花への生活援助

第二段 末摘花のその後

 

 

【現代語訳】

 須磨の浦で涙に暮れながら過ごしていらっしゃったころ、都でも、あれこれとお嘆きになっていらっしゃる方々が多かったが、それでもご自身の生活のよりどころのある方は、お一方をお慕いする思いだけは辛そうであったが、二条院の上なども平穏なお暮らしで、旅のお暮らしをご心配申し、お手紙をやりとりなさっては、位をお退きになってからの仮りのご装束をも、この世の辛い生活をも、季節ごとにご調進申し上げなさることによって、心を慰めなさったであろうが、かえって、その妻妾の一人として世の人にも認められず、ご離京なさった時のご様子も噂に聞いて想像なさるにすぎない人々で、人知れずもの思いをなさるような人が多かった。
 常陸宮の姫君は、父の親王がお亡くなりになってから、他には誰もお世話する人もないお身の上で、ひどく心細い有様であったが、思いがけないお通いが始まって、お気をつけて下さることは絶えなかったのだが、大変なご威勢にしてみれば大したこともないちょっとしたお情けだとお思いであったが、それを待ち受けていらっしゃる貧しい生活には、大空の星の光を盥の水に映したような気持ちがして、お過ごしになっていたところ、あのような世の中の騒動が起こって、おしなべて世の中を嫌なものと思い悩まれた折に、格別に深い関係でない方への愛情は何となく忘れたようになって、遠く旅立ちなさった後は、格別お世話申し上げることもおできになれない。かつてのご庇護のお蔭で、しばらくの間は泣きながらもお過ごしになっていらっしゃったが、歳月が過ぎるにしたがって、実にお寂しいご様子である。昔からの女房などは、

「さてさて、まったく情けないご運であった。思いがけない神仏がご出現なさったようであったお心寄せを受けて、このようなご縁にも人はお出会いになるものなのだなあと、ありがたく拝見しておりましたが、世間一般のこととはいいながらも、他には頼りにできる方がないお身の上は、悲しいことです」と、ぶつぶつ言って嘆く。

そういう生活に馴れていた昔の長い年月は、何とも言いようもない寂しさに目なれてお過ごしになっていたが、なまじっか少し世間並みの生活になった年月を送ったばかりに、女房たちはかえってとても堪え難く嘆くのであろう。

いくらかでも女房としてふさわしい者たちは、自然と集ってお仕えしていたが、みな次々と後を追って去って行ってしまった。女房たちの中には亡くなった者もいて、月日の過ぎるにしたがって、上下の女房の数が少なくなって行く。

 

《この巻は全て末摘花の物語で、時間は三年ほど遡って、源氏が須磨へ退去したころの話から始まります。

前の巻六・末摘花の巻は、源氏と若紫の間での悪ふざけ、笑い話で終わって「このような人たちの将来は、どうなったことだろうか。」と結ばれたまま、この人の消息については語られることなく時が経ってきましたが、今再び、その話が語られることになります。

そして、あの時は源氏の側からの話でしたが、今度は姫君の側に身を置いた、作者の思いのこもった話として幕を開きます。

さて、源氏が都を離れて行ってからの姫の零落ぶりが、意を尽くしてさもあらんと思われる様子で語られていきます。それぞれ途中多くの長い挿入節が入ったりして大変長い文ですが、普通に話す調子で書くと、こういう形になるでしょう。長いながら、そういう意味で自然で、意味もよく分かります。

もともと姫の父・常陸宮が亡くなってからは、前の末摘花の巻きにあったように、すでに巻六に、「大変にひどく一面に荒れて寂しい邸」(第三段2節)とか、「向かいの渡殿の廊が屋根もなく壊れていて」(第十段)などとあったように、わびしい生活だったのですが、「(源氏の訪れと庇護という)なまじっか少し世間並みの生活になった年月を送ったばかりに」、源氏が来なくなってからの生活は、気持の上でもひとしお侘びしさの募るものになっていたのでした。

『集成』が、「格別お世話申し上げることもおできになれない」について、「花散里邸の修理はしたこともあったが(須磨の巻第二章第三段2節)、末摘花のことは思い起こすこともできなかったのである」と比較して語っていて、彼女の位置が知れます。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

プロフィール

ikaru_uta

カテゴリー
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ