源氏物語 ・ おもしろ読み

ドストエフスキーの全著作に匹敵する(?)日本の古典一巻を 現代語訳で読み,かつ解く,自称・労大作ブログ 一日一話。

第三章 須磨の秋の物語

第六段 明石入道の娘~その2

【現代語訳】2

母君は、
「どうして、ご立派な方とはいえ、初めての縁談に、罪に当たって流されていらしたような方などを考えるのでしょう。それも、心をおとめくださるようならともかく、冗談にもありそうにないことです」と言うので、ひどくぶつぶつと不平を言う。
「罪に当たることは、唐土でもわが国でも、このように世の中に傑出して、何事でも人に抜きんでた人には必ずあることなのだ。どういうお方でいらっしゃると思うのか。亡くなられた母御息所は、わたしの叔父でいらっしゃった按察大納言の御娘なのだ。まことに素晴らしい評判をとって、宮仕えにお出しになったところ、帝が格別に御寵愛あそばすことは、並ぶ者がなかったほどであったために、皆の嫉妬が強くてお亡くなりになってしまったが、この君がいらっしゃったのは、大変に喜ばしいことだ。女は気位を高く持つべきなのだ。わたしがこのような田舎者だからといって、お見捨てになることはあるまい」などと言っていた。
 この娘は、すぐれた器量ではないが、優しく上品らしく、賢いところなどは、なるほど、高貴な女性に負けないようであった。わが身の境遇を、しがない者とわきまえて、「身分の高い方は、わたしを物の数のうちにも入れてくださるまい。身分相応の結婚などまったくしたくない。長生きして、両親に先立たれてしまったら、尼にもなろう、海の底にも沈みもしよう」などと思っているのであった。
 父君は、仰々しく大切に育てて、一年に二度、住吉の神に参詣させるのであった。神の御霊験を、心ひそかに期待していたのである。

 

《ここでも母君の言い分は全くもっともなことと言うべきでしょう。先に身持ちの悪さを言い、次に咎人であることの不満を言い、また格の違いを心配します。

それに対して入道は「ひどくぶつぶつと不平を言う(原文・いといたくつぶやく)」といった具合で、ちょっと自信が無さそうで、少し言い訳めいて滑稽です。

このやり取りは、いかにも娘の縁談を巡っての夫婦らしいと思われて、『光る』が『細雪』を思わせると言いながら「なんだか面白いですね。なるほど、昔もこういうものだったのかといったような感じがあって(笑)」としています。

ところでこの入道の話によれば、この入道は故桐壺更衣と従兄妹、源氏は従弟半の間柄ということになり、それなら彼のプライド、高望みも、それほど理不尽なことでもないでしょう。読者にとってはいかにも唐突な話ですが、母君の反応がないところみると、二人の間では幾度も話し合われたことなのでしょう。

そこで『評釈』は「それにしても、いつも入道のこのせりふを聞いているはずの母君が、あえてあれほど強く反対するのは、どうしたわけであろう。母君は入道の言葉を信用していないのだ」としています。

確かにこの縁戚関係を承知しているなら、母君の、「冗談にもありそうにないことです」という言葉は厳しい言い方で、彼女が夫の話を信じていないのだというのは、案外妥当な考え方だと思われます。

家系を偽るのはこの当時では珍しいことではないのでしょうから、どちらが正しいかということは、分かりませんが、こういう二人の関係は、いかにもありそうで、うまい組み合わせだといっていいでしょう。

入道は、そういう縁戚を根拠に自ら高しとしているわけで、この人はどうやらたいへんな野心家だということになりそうです。実はそれにはそれなりの訳があるのですが、それはずっと後、若菜上の巻で入道の遺言として語られる話で、ここはまだ誰もそのことを知りません。

娘もまたなかなかの人で、「高貴な女性に負けないよう」でありながら、自分は高貴な人からは相手にされないだろうと思い、その一方で「身分相応の結婚などまったくしたくない」と誇り高く、たいへん難しい生き方を考えています。

母君はその二人をはらはらしながら見ている、というところなのでしょう。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第六段 明石入道の娘~その1

【現代語訳】1

 明石の浦は、ほんの這ってでも行けそうな距離なので、良清の朝臣はあの入道の娘を思い出して、手紙などをやったのだが返事もしない。父の入道の方が、「申し上げたいことがある。ちょっとお会いしたい」と言ったが、「承知してくれそうにないのに、出かけて行って、空しく帰って来るような後ろ姿もばからしい」と、気がふさいで行かない。
 世にまたとないほど気位高く思っているので、播磨の国中では守の一族だけがえらい者と思っているようだが、偏屈な気性はまったくそのようにも思わずこれまで歳月を送るうちに、この君がこうして来ていらっしゃると聞いて、母君に言うことには、
「桐壺の更衣がお生みになった、源氏の光る君が、朝廷のお咎めを蒙って、須磨の浦においでになっていらっしゃるという話だ。わが娘のご運勢によって、思いがけないことがあるのだ。何とかこのような機会に、娘を差し上げたいものだ」と言う。母は、
「まあ、とんでもない。京の人の話すのを聞くと、ご立派な奥方様たちをたいそうたくさんお持ちになっていて、その他にも、こっそりと帝のお妃まで過ちをお犯しになって、こんなにも騷がれていらっしゃる人が、何でこんな賤しい田舎者に心をお留めになるでしょうか」と言う。腹を立てて、
「お分かりにはなるまい。考えが違うのだ。その心づもりをしなさい。機会を作って、ここにお出でいただこう」と、思いのままに言うのも頑固に見える。

眩しいくらい立派に飾りたて大事にお世話していたのだ。

 

《さて、話は良清のところから動き始めます。

彼は以前、若紫の巻第一章第二段3節で「お前は大変な好色者だから、あの入道の遺言をきっと破ってしまおうという気なのだろうよ」と言われたことがあったのですが、どうやらそれは本当だったようで、今、須磨に来たのを機会に入道の娘に通じようとしたのでした。

しかし、考えてみると若紫の巻から今は八年ほども経っているはずで、良清という人はずいぶん根気強い人のようです。

それにまた、この娘の年齢はどう考えればよいのか、ちょっととまどうところです。実は次の明石の巻(第二章第六段1節)に、父の入道の話として、この娘が生まれて以来十八年、住吉神社に祈願をしていた旨のことが語られていますから、若紫の巻では十歳くらい、紫の上とほぼ同い年ということになります。そのころに「代々の国司などが、格別懇ろな態度で、結婚の申し込みをするようですが」とあったのは、ちょっと腑に落ちません。

よく分からないところで、ここもまた年立てを気にせずに読み進めるしかなさそうです。

さて、良清の手紙に娘からの返事はなく、代わって入道から「申し上げたいことがある」と便りがあります。

実は、誇り高い入道は、この娘を源氏に奉ろうと考えたのです。その気持を妻に漏らすと、驚いた母君は、いかにも母親らしい考えから、あり得ないことと反対します。なかなかしっかりした人のようです。》

 

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第五段 須磨の生活

【現代語訳】

 須磨のお暮らしには、長くなるにつれて我慢できなくお思いになるが、自分の身でさえ驚くばかりの運命だと思われる住まいに、「どうして紫の上と一緒になど。ふさわしくないであろう」とお考え直しになる。場所が場所だけにすべて様子が違って、源氏のことなど分かりもしないような下人の様子も見慣れていらっしゃらないので、我ながら心外でもったいなく思いになる。煙がとても近くに時々立ち上るのを、「これが海人の塩を焼く煙なのだろう」とずっとお思いになっていたのは、お住まいになっている後ろの山で、柴というものをいぶしているのであった。珍しいので、
「 山がつのいほりに焚けるしばしばもこととひこなむ恋ふる里人

(山人が小屋で柴というものを焚いているが、しばしば訪ねて来てほしい、わが恋しい都の人よ)」

 冬になって雪が降り荒れたころ、空模様も格別に寂しく御覧になって、琴を心にまかせてお弾きになって、良清に歌をうたわせ、大輔は横笛を吹いて、お遊びになる。心をこめてしみじみとした曲をお弾きになると、他の楽器の音はみなやめて、涙を拭いあっていた。
 昔、胡の国に遣わしたという女の話をお思いやりになって、「自分以上にどんな気持ちであったろう。この世で自分の愛する人をそのように遠くにやったりしたら」などと思うと、実際に起こるように不吉に思われて、「霜の後の夢」と朗誦なさる。
 月がたいそう明るく差し込んで、仮そめの旅のお住まいでは、奥の方まで素通しである。床の上から夜の深い空も見える。入り方の月の光が寒々と見えるので、「ただこれ西に行くなり」とひとり口ずさみなさって、
「 いづかたの雲路にわれもまよひなむ月の見るらむこともはづかし

(果てしない旅をどこへ私もさまよって行くことであろう、真っ直ぐ西にむかう月が

見ているだろうと思うと恥ずかしいことだ)」
いつものように眠られない明け方の空に、千鳥がとても悲しい声で鳴いている。

「 友千鳥諸声に鳴く暁はひとり寝覚の床もたのもし

(千鳥の群れが声を合わせて鳴く明け方は、独り寝覚めて泣く私も心強い気がする)」
 他に起きている人もいないので、繰り返し独り言をいって臥せっていらっしゃった。
 明け方早くにお手を洗い、御念誦などをお唱えになるのも、珍しいことのように、たお暇を取って出て行く者もいない。お見捨て申し上げることができず、家にちょっと退出することもできなかった。

 

《さて、いよいよ須磨での生活が始まるのですが、その話の前提として、源氏の現在の心境が語られます。

無為のままに凡々として、ただ寂しいばかりの日が過ぎていき、「長くなるにつれて我慢できなくお思いになる」につれて、これまで幾度も考えた紫の上を呼び寄せることを、またしても思い描くのですが、諸事情がそれを許すはずもなく、またしても断念するしかありません。

住まいのあたりを漂う柴を焚く煙を、都で歌言葉としてよく知っていた「藻塩焼く煙」がこれかと、思い違えたという小さなエピソードが挟まれます。柴を焚くのは、霜よけなのでしょうか、最初からそう書いてしまえばよさそうなものですが、わざわざ間違えたことにしたのは、作者が若い頃父の越前赴任に同行した時の実際の経験かも知れません。「柴というものをいぶしているのであった」は原文では「柴といふものふすぶるなりけり」と、詠嘆表現(気付きの「けり」)になっていて、驚いた気持になっています。その木の名から「しばしば」を思い、ひとしお都の人々が恋しく思い浮かべられた、という趣です。

半年が過ぎて、冬に入り、「空模様も格別に寂しく」なります。

「ただこれ西に行くなり」は月を詠んだ道真の詩句で、『集成』によれば、次に「左遷ならじ」と続くようで、「月に託してわが身の無実を詠じたもの」と言います。自分は無実のまま左遷されて西に行く、ということでしょうか。源氏の歌の「恥ずかしい」は、そういう自分を月に向かって恥じる思いなのでしょう。

ますます荒涼たる辺土の地で、音楽を奏でれば涙、夜の月を見れば涙、そして暁に遠く千鳥の声を聞けば、また涙、の毎日だったのでした。

そういう悲しみの源氏を土地の従者たちは「お暇を取って出て行く者もいない。お見捨て申し上げることができず」家にも帰らないと言いますが、これは、前節の紫の上の侍女達が「お暇を取って出て行く者もいない」とあったのに対応する形で、「栄花を失しても、二人の生来の魅力は、これほど強い」(『評釈』)のです。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第四段 都の人々の生活

【現代語訳】

 都では、月日が過ぎて行くにつれて、帝をはじめ申して、恋い慕い申し上げる折節が多かい。東宮は、誰にもまして、いつもお思い出しになっては忍び泣いていらっしゃるので、お世話している御乳母や、それ以上に王命婦の君は、ひどく悲しく見申しあげる。
 入道の宮は、東宮のお身の上をそら恐ろしくばかりお思いだったので、大将もこのように流浪の身におなりになっているのを、ひどく悲しくお嘆きになる。
 ご兄弟の親王たちや、親しくし申し上げておられた公卿などは、初めのうちはお見舞い申し上げなさることもあった。しみじみとした漢詩文を作り交わし、それにつけても、人々のたいへんな礼讃をお受けになっていらっしゃるので、后宮がお聞きあそばして、きついことをおっしゃったのだった。
「朝廷のお叱りを受けた者は、勝手気ままに日々の食事をすることさえ難しいと言います。風流な住まいを作って、世の中を悪く言ったりして、あの鹿を馬だと言ったというけしからぬ人のように追従しているとは」などと、よくないことが聞こえてきたので、厄介なことだと思って、手紙を差し上げなさる方もいない。
 二条院の姫君は、時が経つにつれて、お心のやすらぐ折がない。東の対にお仕えしていた女房たちも、みな移り参上した当初は、「まさかそれほどではあるまい」と思っていたが、お仕えし馴れていくうちに、お優しく美しいご様子も、日常の生活面についてのお心配りも、思慮深く立派なので、お暇を取って出て行く者もいない。身分のある女房たちには、時たまお姿をお見せなどなさる。「多くの夫人方の中でも格別のご寵愛も、もっともなことだ」と拝見する。


《またここで話は一転して、都の様子を伝えます。『評釈』は「大弐とともに京にのぼろう」と前の節からつなげ、また「都人から見はなされた源氏に、読者は涙を流さなくてはならない」と言いますが、大弐の話の続きと見るのにも、また源氏の不遇を語っていると見るのにも、少し無理があるように思われます。

ここはこの地で以下に起こる大きなできごとを語る前の、ここまでの状況の総まとめといった位置づけと考えるのがいいようです。

まず「ご兄弟の親王たちや、お親しみ申し上げていらっしゃった上達部」の話が新鮮で、漢詩文を交わして交感したという話も、またそれに対する后宮の反応・措置も、いかにもありそうな出来事で、都の動きにリアリテイを与えています。

なお、大后の言葉の中の、「しかを馬だと言った…」といのは、『史記』にある話で、権力のある者に阿る人のことだと言います。

さて、読者の何よりの心配は紫上で、あの純真にして明朗だった彼女が、前の消息(第二段2節)では、源氏の離京以来「お枕も上がらず、尽きぬ悲しみに沈まれている」といった案配だったのでした。

そのままだったら、あまりに大きな気がかりなのですが、ここでは彼女がその悲しみに耐えて、みごとに留守を守っており、新しく彼女にお仕えするようになったかつての源氏の侍女達からも、しっかり信頼を得てきていることが語られて、その女房たちとともに、読者もさすがだと胸を撫でおろします。

さて、こうして物語は、やおら、新たな出来事へと移って行くことになります。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

第三段 筑紫五節と和歌贈答 ~その2

【現代語訳】2

五節は、やっとの思いでお便りを差し上げた。
「 琴の音にひきとめらるる綱手縄たゆたふ心君知らるるや

(琴の音に引き止められた綱手縄のように、ゆらゆら揺れているわたしの心をお分か

りでしょうか)
 色めいて聞こえるのも、お咎めくださいますな」と申し上げた。

微笑んで御覧になるさまは、まったく気後れする美しさである。
「 心ありて引き手の綱のたゆたはばうち過ぎましや須磨の浦波

(本当に私を思う心があって引手綱のように揺れるというならば、通り過ぎて行くで

しょうか、この須磨の浦を)
 漁りをすることになろうとは思ってもみないことであった」とある。

宿駅の長に句詩をお与えになった人もあったが、それ以上にこのまま留まってしまいそうに思うのであった。

 

《「五節」というのは、花散里の巻でほとんど「筑紫の五節」という名前だけ登場した、「前に源氏の恋人だった人」(『集成』)で、大弐の娘です。「やっとの思いでお便りを差し上げた」というのは、父の大弐が自身で挨拶に行くのを憚ったように、彼女も源氏の許に使いを出すのに憚りもあり、その手立てにも苦労したのでしょう。したがって彼女の手紙はひそかに届けられたわけです。

当時、女性の側から先にこういう思いを伝えるのは珍しいと思われます(それは原則的には現代も同じでしょう)が、かつて空蝉がそうであったように、源氏に対しては時々そういうことがあるようです。やはり源氏は特別な人なのです。

その素直であからさまな恋文を源氏は「微笑んで御覧に」なります。中の品の女の純朴で切なる思いを愛でる気持と取るのがいいでしょう。『集成』のように「にやりとして」と訳すと、まったく違う内容になりそうです。源氏の、歌はともかく、後書きはたいへんまじめなものです。

終わりの「宿駅の…」以下は、菅原道真が流された時の故事をふまえたもので、その時の漢詩句が今に伝わっているが、この源氏の歌も残るだろう、という意味と、源氏の歌を見た五節がこのままここに残ってしまいそう、の二つの意味になっている、と『評釈』が言います。あわせて源氏を道真の悲劇とダブらせるという意味もあるでしょう。

前節で源氏を孤立無援と書きましたが、大切なことは、当然ながらそういう不遇の中にあって源氏が決してみすぼらしくならないところです。彼は親密な従者達とともに月を愛でて悲しみの歌を詠むことで励まし合い、かつて世話した今をときめく者の挨拶を受け、その娘と恋の歌を詠み交わすという、何とも風雅で心豊かな生活をしているのです。読者にとって、彼の孤立無援は、その生活を引き立てる「わさび」といったところでしょうか。

紫式部よりも少し後の顕基中納言と呼ばれた人が「配所の月、罪なくして罪をかうぶりて、配所の月を見ばや」と願ったという話が『発心集』巻五にあるそうですが、その先達といったところです。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

プロフィール

ikaru_uta

カテゴリー
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ