【現代語訳】

 七月に后がお立ちになるようであった。源氏の君は宰相におなりになった。帝は御譲位あそばすお心づもりが近くなって、この若君を春宮に、とお考えあそばされるが、御後見なさるべき方がいらっしゃらない。御母方がみな親王方で、皇族は政治を執るべき筋合ではないので、せめて母宮だけでも后という不動の地位におつけ申して、お力にとお考えあそばすのであった。
 弘徽殿がますますお心穏やかでないのは道理である。けれども、帝は「春宮の御世がもうすぐになったのだから、あなたは皇太后になるのは疑いないお立場なのだ。ご安心されよ」とお慰め申し上げあそばすのであった。「なるほど、春宮の御母堂として二十余年におなりの女御を差し置き申して、先に越し申されることは難しいことだ」と、例によって、うるさく世間の人も噂するのであった。
 藤壺宮が参内なさる夜のお供に、宰相君もお仕え申し上げなさる。同じ宮と申し上げる中でも后腹の内親王で、玉のように美しく光り輝いて、類ない御寵愛をさえ蒙っていらっしゃるので、人々もとても特別にお仕え仕申し上げた。まして、切ないお心の中では、御輿の中も思いやられて、ますます手も届かない気持ちがなさるので、じっとしてはいられないほどである。
「 尽きもせぬ心の闇にくるるかな雲居に人を見るにつけても

(尽きない恋の思いに何も見えない、はるか高い地位につかれる方を仰ぎ見るにつけ

ても)」

とだけ、独り言が口をついて出て、何につけ切なく思われる。
 若君は、ご成長なさっていく月日につれて、とてもお見分け申しがたいほどでいらっしゃるのを、宮はまこと辛いとお思いになるが、気付く人はいないようである。なるほど、他にどのように作り変えたならば、負けないくらいの方がこの世にお生まれになろうか。月と日が似通って光り輝いているように、世人も思っていた。

 

《話が本題に戻ります。

帝が、弘徽殿女御の皇子で源氏の異母兄である春宮に譲位し、そのあとに若宮を春宮に立てるために、その後盾となるように藤壺を皇后にしようと考えます。

冒頭の「お立ちになるようであった(原文・ゐたまふめりし)」という婉曲表現が不自然な気がします。『集成』が「物語作者として重大な国字に関する記事を遠慮して、ぼかした書き方」と言いますが、どう言えば普通の現代語になるでしょうか。

さて、源氏には藤壺がどんどん自分から遠ざかっていくように感じられます。

身分制度の確立した社会で男性が出世するのは容易ではありませんが、女性の場合は、権力者の目に留まれば、玉の輿ということはしばしばあることで、若い時に相愛だったカップルが、そういうことで引き裂かれる例は、昔の物語にはよくあります。もっとも、源氏の場合は、女御となった人を慕い始めたのですから、少し事情が違って、それだけで言えばむしろ横恋慕といってもいい出来事です。しかし、藤壺の方も源氏への思いが強いことで、愛の物語として読み応えを保証しています。

ただ、ここの終わりに改めて短く付け加えられた、若君と源氏が瓜二つであるという事実が、『評釈』の言うとおり、これがただの愛の物語ではなく、大きな波乱を含むものになっていくことを暗示しています。

かくして紅葉賀の巻は、物語の特別大きな展開は持たないながら、先にも行ったように、名前の優雅さの裏でひそかに大きな暗い問題が、少しずつ、少しずつ膨らんでいくという、ここまでの物語の総まとめの巻であり、同時にこの後いよいよ大きな展開が始まる序曲といった趣の巻と言えるでしょう。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ