【現代語訳】

 二条の院にお帰りになると、紫の君はとてもかわいらしい幼な姿で、「紅色でもこうも慕わしいものもあるものだ」と見える着物の上に、無紋の桜襲の細長をしなやかに着こなして、あどけない様子でいらっしゃる姿が、たいそうかわいらしい。古風な祖母君の躾のままで、お歯黒もまだであったのを、お化粧をさせなさったので、眉がくっきりとなっているのも、かわいらしく美しい。「自ら求めて、どうして、こうもうっとうしい事にかかずらっているのだろう。こんなにかわいい人とも一緒にいないで」と、お思いになりながら、例によって、一緒にお人形遊びをなさる。
 絵などを描いて、色をお付けになる。いろいろと美しくお描き散らしになるのであった。自分もお描き加えになる。髪のとても長い女性をお描きになって、鼻に紅を付けて御覧になると、絵に描いても見るのも嫌な感じがした。ご自分の姿が鏡台に映っているのがたいそう美しいのを御覧になって、自分で紅鼻に色づけして、赤く染めて御覧になると、これほど美しい顔でさえ、このように赤い鼻が付いていては醜いのも当たり前であった。姫君が見て、ひどくお笑いになる。
「わたしが、こんな変な顔になってしまったら、どうですか」と、おっしゃると、
「嫌ですわ」と言って、そのまま染み付かないかと、心配していらっしゃる。うそ拭いをして、
「少しも白くならないぞ。つまらないいたずらをしたものだ。帝にはどんなにお叱りになられることだろう」と、とても真剣におっしゃるのを、本気で気の毒にお思いになって、近寄ってお拭いになると、
「平中のように墨付けなさるな。赤いのはまだ我慢できましょう」と、ふざけていらっしゃる様子は、とても睦まじい兄妹とお見えである。
 日がとてもうららかで、早くも一面に霞んで見える梢などは、花の待ち遠しい中でも、梅が蕾みもふくらみ、咲きかかっているのが、特に目につく。階隠のもとの紅梅はとても早く咲く花なので、もう色づいている。
「 紅の花ぞあやなくうとまるる梅の立ち枝はなつかしけれど

(紅の花はわけもなく嫌な感じがする、梅の立ち枝に咲いた花は慕わしく思われるが)
 いやはや」

と、つい苦々しく溜息をおつきになる。このような人たちの将来は、どうなったことだろうか。

 

《場面は一転して二条院です。まるで映画の場面転換のようで、この巻を締めくくるのに、こういう鮮やかな展開の仕方を、よく思いついたものだと感心します。巻の冒頭の嫋々たる調子を思い出してみると、まるで夢から覚めたような趣です。

 うららかな春の日の、常陸宮邸とは全く対照的に明るい屋敷での、読む者まで胸の躍るような幸せそうな日常の一端が語られます。

二人の何気ない対話が続きますが、ここでもまた、末摘花のことが頭から離れない源氏と、それをまるで知らない「紫の君」とが、「紅鼻」をめぐる対話を交わしている、つまりそれぞれが全く異なったことを思いながら一つのことについて対話を交わしているという、ある意味でスリリングな情景が、全く目で見るようにありありと描かれています。私はこの巻の中で最も生彩ある場面だと思います。ただ少々あくどい。源氏に優位者の驕りが感じられます。ひとえに姫の愛らしさがそれを救っています。

これでこの巻は終わるわけですが、『光る』の次の評が、さすがに適切です。

「丸谷 ぼくはこの『末摘花』って巻は嫌いでしてね、どうもおもしろくないんだな。冷酷なことを書いても、それなりに文学的完成度が高い場合もあり得るわけです。でも、そういう感じがないんですね。

 …

大野 どんな醜女や老女が出てこようと、それを読んでわれわれがどこかでほっとするためには、自分もそういう醜女の一人、老女の一人、弱い存在の一人であるという思いが作者にないといけないんだと思うんです。この巻を書いた紫式部の筆の端々にそういう筆づかいはないんです。ここには救いがない。源氏からは相手を救ってやる形で終わっているけれども、末摘花の側には何にも見えていないんです。…

紫式部は末摘花を残酷に追い込んでおきながら、決してそこから末摘花自身を浮き上がらせようとはしなかった。当時の弱い者に対する容赦のない攻撃は、宮廷では常識だったわけだから、彼女自身、弱い立場で苦しんだはずだけれども、この段階では、同時に弱いものいじめを平気でする一員として生きていたんだという感を強くします。」》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ