源氏物語 ・ おもしろ読み

ドストエフスキーの全著作に匹敵する(?)日本の古典一巻を 現代語訳で読み,かつ解く,自称・労大作ブログ 一日一話。

第四章 浮舟の物語(四)

第八段 浮舟、出家す

【現代語訳】

「不思議なことに、このような器量やお姿なのに、どうして身を厭わしく思い始めなさったのだろうか。物の怪もそのように言っていたようだが」と思い合わせると、

「何か深い事情があるのだろう。今までも生きているはずもなかった人なのだ。悪い霊が目をつけ始めたので、とても恐ろしく危険なことだ」とお思いになって、
「ともかくも、ご決心しておっしゃるのを、三宝がたいそう尊くお誉めになることで、法師の身として反対申し上げるべきことでない。御戒は、実にたやすくお授け申すことができるけれども、急ぎの用事で出かけて来たので、今夜はあちらの宮に参上しなければなりません。明日から、御修法が始まる予定です。その七日間の修法が終わって帰山する時に、お授け申しましょう」とおっしゃると、

「あの尼君がおいでになったら、きっと反対するだろう」と、とても残念なので、
「あの気分が悪かったときと同じようで、ひどく気分がすぐれませんので、重くなったら、戒を授かってもその効がなくなりましょう。やはり、今日は嬉しい機会だと存じられます」 と言ってひどくお泣きになるので、聖心にもたいそう気の毒に思って、
「夜が更けてしまいましょう。下山しますことは、昔は何とも存じませんでしたが、年をとるにつれて、つらく思われましたので、ひと休みして内裏へは参上しよう、と思いますが、そのようにお急ぎになることならば、今日お授けいたしましょう」とおっしゃるので、とても嬉しくなった。
 鋏を取って、櫛の箱の蓋を差し出すと、
「さあ、大徳たち。こちらへ」と呼ぶ。最初にお見つけ申した二人がそのままお供していたので、呼び入れて、
「お髪を下ろし申せ」と言う。なるほど、あの大変であった方のご様子なので、

「普通の人としては、この世に生きていらっしゃるのも嫌なことなのであろう」と、この阿闍梨も道理と思うので、几帳の帷子の隙間から、お髪を掻き出しなさったのがたいそう惜しく美しいので、しばらくの間、鋏を持ったまま躊躇するのであった。

 

《浮舟の必死の懇願に僧都もいろいろなことを思いました。そのあたりを『評釈』が大変分かりやすく解説しています。

「齢も若いし、人もうらやむ器量なのに、どういう事情があるのか」という疑問はあったが、思い返せば、あの物の怪が「(この姫は)自分は何とかして死にたい、ということを、昼夜おっしゃっていた」(第二章第二段)と言っていた、よほどの事情があるようだ、そして「もともとこの人は、宇治院で見つけなかったら、命のないところだった」だろうし、あの物の怪が調伏できなければこれもまた生きられなかっただろう、そして彼女自身ここで実際に尼たちと暮らしてその生活がどのようなものかをよく承知した上での願いであるだろう、するとそれは聞き入れてやってもいいのかも知れない、「それに、もともと法師は、人に出家をすすめこそすれ、出家の願いをひるがえさすべきではないのだ」、…。

こうして僧都は、浮舟の願いをかなえてやるのがよいのではないかと思い至ったのでした。では、「(都での)七日間の修法が終わって帰山する時に、お授け申しましょう」。彼には、あるいはその間に、ひょっとして気持ちが変わるかも知れないという思いもあったかも知れません。

ところが浮舟はそれでは困るのです。七日も経てば尼君が帰って来ます。そうすればきっと大反対されて、思いは叶わぬことになるに違いありません。

今自分は体調が悪く、いつ何があるか分からないような気がします、今日僧都にお目にかかれたのは、仏さまのお導き、「嬉しい機会」で今日を措いて他の日はありません、…。

 そう言われると僧都は、この娘はすでに心と体をひどく病んでいるという印象がありますから、言うとおりかもしれないという気になります。本当にそんなことになって、機会を逃したら、仏さまにも申し訳ない、…。彼も心を決めました。

 補助をする僧を呼ぶと、たまたま宇治で浮舟を見つけた、あの二人の僧(第一章第二段)でしたので、あの娘なら仕方があるまいと、なんとなく納得する感じで、疑問を持ちません。ただ、切らねばならぬその髪のあまりの美しさに、さすがに「しばらくの間、鋏を持ったまま躊躇」しているのでした。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第七段 浮舟、僧都に出家を懇願

【現代語訳】

 立ってこちらにいらっしゃって、

「ここに、おいでですか」と言って几帳の側にお座りになると、遠慮されるが、いざり寄ってお返事をなさる。
「思いもよらないことでお目にかかったのも、こうなるはずの前世からの宿縁があったのだ、と思いまして、御祈祷なども心をこめていたしましたが、法師は特別の用件もなくお手紙を差し上げたり頂戴したりするのは不都合なので、自然と御無沙汰が続いてしまいました。実に不似合いに思われますのに、世を背いていらっしゃる方のお側に、どうしていらっしゃるのですか」とおっしゃる。
「この世に生きていますまいと決心いたしました身が、とても不思議にも今日までおりますことをつらいと思いますものの、あれこれとお世話いただいたご志を、とるにたらぬわが身ながら、身に沁みて存じられますが、やはり、まったく世の中になじめず、所詮はこの世に生き残れそうになく存じられますので、尼にしてくださいませ。この世に生きていましても、普通の人のように長生きできない身の上です」と申し上げなさる。
「まだ、たいそう将来の長いお年なのに、どうして一途にそのように、お思いたちになるのですか。かえって罪を作ることになります。思い立って、発心なさった時は強くお思いになっても、年月が経つと、女のお身というものは、まことに不都合なものなのです」とおっしゃるので、
「子供の時から、物思いばかりをしているような状態で、母親なども、尼にして育てようか、などと思いおっしゃいました。ましてや、少し物心がつきまして後は、普通の人と違って、せめて来世だけでも、と思う考えが深くなりましたが、死ぬ時がだんだん近くなりましたのでしょうか、気分がとても心細くばかりなりましたので、やはり、どうかぜひに」と、泣きながらおっしゃる。

 

《大尼君から浮舟の意向を伝えられた僧都は、早速浮舟の部屋にやって来ました。

 声を掛けられた浮舟は、相手が立派な僧であることもあり、また、出家という柄にもない大事を頼まねばならないことを思って、「遠慮される」のですが、意を決する思いで、几帳の側に出て応対します。

 僧都の挨拶は大変丁重です。その中の「実に不似合いに思われますのに(原文・いとあやしきさまに)」は『集成』の訳で、浮舟のことを言っていることになります。『評釈』は「とても見苦しいさまで」と訳して、『谷崎』も同様ですが、そうするとここの尼たちのことを言っていることになります。それは僧都の立場としては不自然な言葉に見えます。

 若い身空で、どうしていつまでもこんなところにいらっしゃるのか、と、出家の希望があるという話をわざと知らぬふりをして、気持ちを晴らしてやろうという配慮が感じられる、と読む方がいいように思います。

 しかし浮舟は、自分は「世の中になじめず、所詮はこの世に生き残れそうになく」思われるのだから、決して「不似合い」ではないのだと、語ります。

 そこで僧都は、「発心なさった時は強くお思いになっても、年月が経つと」その気持ちも続かなくなるものだがと、女性が出家する上で最も心配なことを語って聞かせます。何も女性に限らないように思いますが、「お経にも、女は五つの罪障があると記されていて、自分にその意志がなくとも、罪深いものである」と『評釈』が言います。

ハムレットは「弱きものよ、汝の名は女なり」と言いましたが、男が理論によって動くのに対して、女性は情によって動くというようなことが言えるのかも知れません。義理と人情の板挟みという言葉がありますが、その時男は多く義理を選び、女性は人情を重んじるのではないでしょうか(もちろん相対的な話です)。

それは男と違って、妊娠、出産、育児という、理論の通用しない生々しい現実を、男よりはるかに多くそのまま受け入れるしかなく宿命づけられている女性という性に造物主が付与した、已むを得ざる必須の、しかし美しい性情であり、それによって初めて種の保存が成り立つという、人類にとってみれば願わしい美徳であるわけですが、時に、それが日常生活においてはいわゆる理論的一貫性を捨てた心変わりと見えることもあって、ここの浮舟のように、いつか状況が変われば気持ちも変わるのではないかという、あらぬ疑いを掛けられる、いや、不安を抱かれるという一面にもなる、というようなことがあるのでしょうか。

 浮舟は、重ねて自分の決心がどれほど自然なことであるかを僧都に訴えます。ただそれは、例えば『構想と鑑賞』が言う「自己の罪過の償いに、命をかけるものとしての、潔さがあり、…凛冽たる志操の人となっている」というようなすっきりしたものではなく、もっと悲壮な、むしろ何か(例えば薫に傾こうとする自分の心)から必死で逃れようとするような、追い詰められた印象を受けます。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第六段 僧都、宮中へ行く途中に立ち寄る

【現代語訳】

 身分の低そうな法師どもなどが大勢来て、
「僧都が、今日下山あそばしますでしょう」。
「どうして急に」と尋ねる様子に、
「一品の宮が御物の怪にお悩みになっているのを、山の座主が御修法をして差し上げなさるのですが、やはり僧都が参上なさらなくては効験がないといって、昨日、再度お召しがございました。右大臣殿の四位少将が、昨夜、夜が更けて登山あそばして、后宮のお手紙などがございましたので、下山あそばすのです」などと、とても得意になって言う。

「恥ずかしくても、お目にかかって、尼にしてくださいと言おう。口出しする人も少なくて、ちょうどよい機会だ」と思うので、起きて、
「具合が悪くばかりいますので、僧都が下山あそばしますときに、授戒をしていただこうと思っていますから、そのように申し上げてください」と相談なさると、惚けた感じで、ぼけたようにうなずく。
 いつもの部屋にいらっしゃって、髪は尼君だけがお梳きになるので、他の人に手を触れさせるのも嫌に思われるとはいえ、自分自身ではできないことなので、ただわずかに解きおろして、母親にもう一度このままの姿をお見せすることがなくなってしまうのは、自分から望んだこととはいえ、とても悲しいことだ、ひどく病んだせいだろうか、髪も少し抜けて細くなってしまった感じがするが、それほども衰えていず、たいそう多くて、六尺ほどある末などはとても美しかった。毛筋などもたいそうこまやかで美しく見える。
「かかれとてしも(母はいずれ剃り下ろしてほしいと思って髪を撫でてくれたのではなかっただろうに)」と、独り言を言って坐っていらっしゃる。
 暮れ方に僧都がおいでになった。南面を片づけ準備して、丸い頭の恰好が、あちこち行ったり来たりしてがやがやしているのも、いつもと違ってとても恐ろしい気がする。

母尼のお側に参上なさって、
「いかがですか、このごろは」などと言う。
「東の御方は物詣でをなさったとか。ここにいらっしゃった方は、今でもおいでになりますか」などとお尋ねになる。
「ええ。ここに残っています。気分が悪いとおっしゃって、戒をお授かり申したい、とおっしゃっています」と話す。

 

《浮舟が大尼君に気の進まない朝食を一方的に勧められて辟易しているところに、表が急に騒がしくなりました。誰かが来たようで、僧都の下山を告げています。「身分の低そうな」は視覚によるものですから、作者の説明で、浮舟には声だけが聞こえてくるのでしょう。使い走りの者が取り急ぎ知らせに来たのです。それだけの用事に「大勢」であるのがよく分かりませんが、都への先発隊か何かなのでしょうか。「得意になって言う」大きな声が、浮舟のところによく聞こえました。

 咄嗟に彼女は、この機会に出家しようと思い立ちます。尼君がいれば思いとどまるように懇願され、あるいは厳しく反対されるでしょう。その留守の間の願ってもない機会だと思ったのです。

 彼女は大尼君に口添えを頼みました。老いてボケの入っているらしい大尼君は理解しないままに、請け合います。

浮舟は僧都に会うための身支度に部屋に帰りましたが、決心はしたものの、さすがに今生の区切りと思うと、我が髪を整えながらついにこのままの姿をもう一度母に見てもらうことができないことが悲しく切なく思われます。

 このあたり、文のつながりが分かりにくく思われます。「ただわずかに解きおろして」までが地の文で一区切り、次から「とても悲しいことだ」までは浮舟の気持ちを直接語り、次いでそのまままた地の文に帰るということになっているようです。

 夕方になって僧都が山を下りて来て立ち寄りました。大尼君は、挨拶に来た息子に、何かのついでのように浮舟の出家の依頼を伝えました。

『評釈』は、他の話もしたのであろうが、「(物語として)さしあたって話に関係のある点」だけを取り上げたのだと言いますが、そうではなくて、浮舟の人生の悲しい区切りとなるようなことを、挨拶の中でただ近況を伝えるように伝えたというところに、この人のボケぶりが見られて、おかしくも悲しい場面になっている、と言うべきではないでしょうか。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第五段 浮舟、悲運のわが身を思う

【現代語訳】

 昔からのことを、眠れないままにいつもよりも思い続けると、
「とても情けないことに、父親と申し上げた方のお顔も拝さず、遥か遠い東国を何度も長年行き来して、たまたまお近づきを得て嬉しく頼もしくお思い申し上げた姉君のお側も不本意のままに縁が切れてしまい、しかるべき方向にとお考えくださった方によって、だんだんと身の不幸せも慰められそうだという矢先に、あきれたふうに身を過ってしまったわが身を考えて行くと、宮を、わずかにでもいとしいとお思い申し上げた心こそが、まことに良くないことであった。ただ、あの方に巡り合った御縁でさすらうことにことになったのだ」と思うと、

「小島の橘の色を例えにお誓いなさったのを、どうしてすてきだと思ったのだろう」と、すっかり熱もさめたような気がする。初めから、深い愛情ではないものの穏やかにお振舞いになった方は、この折あの折など思い出すと、比べものにならないのだった。

「こうして生きていたのだ」とお耳にされ申すときの恥ずかしさは、他の誰よりも深いことだろう。それでも、この世では、以前のご様子を他所からでもいつかは見るだろうかと、ふと思う。

「やはり、悪い考えだ。それさえ思うまい」などと、自分独りで思い直す。
 やっとのことで鶏が鳴くのを聞いて、とても嬉しい。

「母上のお声を聞いた時には、それ以上にどんな気がするだろう」と思って夜を明かして、気分もとても悪い。付人としてあちらに一緒に行くはずの人もすぐには来ないので、そのまま臥せっていらっしゃると、鼾の老婆はたいそう早く起きて、粥など見向きもしたくない食事を大騒ぎして、
「あなたも、早くお召し上がれ」などと寄って来て言うが、給仕役もまこと気に入らず、嫌で見知らない気がするので、
「気分が悪いので」とさりげなく断りなさるのを、無理に勧めるのもとても気がきかない。

 

《輾転反側、浮舟は眠れないままに、我が来し方を振り返ります。いや、本当は振り返りたくなどないのでしょうが、思いは自然にそちらの方に引きずられていってしまう、と言うべきでしょう。

 思えば父の顔を見られないということがそもそもの始まりだった、その挙句、東国との行き来につまらぬ時を過ごし、「たまたまお近づきを得」た匂宮夫人という姉との縁も、その夫君の色好みの振る舞いためにいつの間にか切れてしまい、次いで、自分がその夫君に心惹かれてしまった結果、「しかるべき方向にとお考えくださった方」のお志も無にしてしまって、今こうしてどこの誰とも知られないままに、山里に隠れ住むような情けない身になってしまった、…。

 この人はとうとう匂宮に惹かれて行った自分を後悔するに至ったようです。ということは、この場合、作者もそういう考えなのでしょう。『光る』は「大野・『浮舟』以降の巻で生きた人々を本質的に理解していない」と否定している『無名草子』の「女の、せめて色なる心のさま、よからぬ」という評は、また作者のものでもあった、というべきでしょう。

 あの宮の甘い言葉に引きずられてしまった自分はなんと愚かだったことだろう、薫君にこそ付いて行くべきだったのにと、そう考えると、その君の姿がありありと思い浮かべられ(とは書かれていませんが)、その方の傍に自分を並べて思ってみると、今や遠く及ばないものになってしまったわが身が何とも恥ずかしく、消え入りたい思いになるのですが、それでももう匂宮に一度お会いしたいという気も湧いてきて、慌てて、いやいや今はもうそれはあってはならないことだと、それを打ち消して、…。

 秋の夜長に床の中でこんなことを思い始めれば、その行く手は留まるところなく、よくない方に進んでしまいます。本当はこういう時はあっさり起き上がって、『源氏物語・おもしろ読み』でも書き綴るなど、気持ちを別の方向に向けるに限るのですが、あいにく彼女にはそういうものがありませんから、ただただ嘆かわしい思いにふけるばかりです

 やっとのことで鶏の声がしました。しかし、自分を追い詰めるだけ追い詰めた彼女は、侍女が起きて来ないので、自分の部屋に帰ろうにも、。床を抜け出すきっかけもないままに、そのままの気分を抱えています。

 居心地の悪い思いでいる彼女に、あの気味の悪い大尼君が、まったく自分の気持だけで、早く食事をと勧めてきて、椀を嫌がる彼女の口元におしつけんばかりです。

  ※ あけましておめでとうございます。
    これを綴り始めてまる四年になりますが、どうやらあと一か月ほどで終わりそうになってきま  
   した。
    どうかよろしくお付き合いをお願い申し上げます
。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第四段 老尼君たちのいびき

【現代語訳】
 驚きあきれて、

「これこれです」と申し上げると、
「このような所で物思いに沈んでいらっしゃる方のご心中が心惹かれ、一体の様子なども情けの分からない方ではなさそうな人が、まるで情けを分からない人よりも冷淡におあしらいなさるとは。それも何かひどい経験をなさってのことだろうか。それにしても、どんなふうに世の中を厭って、いつまでここにいらっしゃる方ですか」などと様子を尋ねて、たいそう知りたげにお思いになっているが、詳しいことはどうして申し上げられよう。ただ、
「お世話申し上げなさらねばならない方で、長年、疎遠で過していらっしゃったの初瀬詣ででお会いになって、尋ね出し申し上げなさったのです」と言う。

姫君は、とても気味悪いとばかり聞いている老人の所に横になって、眠ることもできない。宵の内から眠くなるので、言うに言えない大きな鼾をかき続けて、前でも似たような老尼たちが二人で負けじと鼾をかき合っている。たいそう恐ろしく、

「今夜、この人たちに喰われてしまうのではないか」と思うのも、惜しくない身の上ではあるが、いつもの心弱さで、一本橋を危ながって引き返したという者のように、心細く思われる。
 こもきを供に連れておいでだったが、色気づく年頃で、このめずらしい男性が優雅に振る舞っていらっしゃる方に帰って行ってしまった。

「今戻って来ようか、今戻って来ようか」と待っていらしたが、まことに頼りないお付であるよ。

中将は、言いあぐねて帰ってしまったので、
「まことに情けなく、引き籠もっていらっしゃること。あたら惜しいご器量を」などと悪口を言って、一同一緒に寝た。
 夜半になったかと思うころに、尼君が咳こんで寝惚けて起き出した。灯火の光で、頭はまっ白いところに黒いものを被って、この君が横になっているのを変に思って、鼬とかいうものがそのようなことをするように、額に手を当てて、
「おや。これは、誰ですか」と、しつこそうな声で見やっているのが、ただもう今すぐにでも取って喰ってしまおうとするかのように思われる。鬼が取って連れて来た時は、何も考えられなかったのでかえって安心であったが、どうしようという気のする不気味さにも、

「みじめな姿で生き返り、人並に戻って、再び以前のいろいろな嫌なことに悩み、厭わしいとか恐ろしいとか、物思いすることよ。死んでしまっていたら、これよりも恐ろしそうなものの中にいることにだろう」と思いやられる。

 

《浮舟のあまりに強硬な拒否の態度に少将は「驚きあきれて」しまいました。もはやどうしようもないと、その事実を中将に報告します。

 中将も驚いたのでしょう、いったいどういう人なのかと尋ねますが、少将は、若干の事情を話して、自分にもどういうことになる方なのか分からないことを分かってもらうしかありません。

 浮舟の方は、と言えば、こちらはこちらで、近づいたこともない老人の様子を、まったく間近で見ることになって、恐ろしく心細い気持ちで小さく縮こまっている感じです。

 そこにいきなり「こもき」と出てくるので、戸惑いますが、実は以前から浮舟付きに充てられていた女童です(第二章第七段)。この娘もこの部屋に連れてきていたのですが、そろそろ年ごろということのようで、間近に見た貴公子のことが気になって、いつの間にか浮舟の傍を離れて中将のいる部屋の方に行ってしまっています。浮舟は、せめてその娘でも傍にいてほしいと、ただ心細く思うばかりです。

 その中将の方は、思う人のあまりの態度に、さすがに手の打ちようもなく、とうとう帰ってしまいました。

 少将と左衛門は期待もむなしく、今夜はご破算になってしまいましたので、ぶうぶう言いながらですが、ともかくうち揃ってやすむことにしました。浮舟が入り込んでいる大尼君の部屋です。

 と、夜中に小事件が起こりました。大尼君が目を覚まして、寝ぼけたままに傍に寝ていた浮舟を見つけて、鼬のような恰好をして「おや。これは、誰ですか」とじっと見つめます。それでなくても恐ろしい気がしていた浮舟は、気味が悪いとも何とも、もう生きた心地もしないで、暗闇の中で息を殺して身を縮めながら、またしてもわが身の拙さを噛みしめています。

 初めの中将の言葉、「ご心中が心惹かれ」のところが、意味が取りにくいのですが、『評釈』の「その心情が心ひかれ。あとの『一体の様子なども情けの分からない方ではなさそうな(原文・おほかたのありさまなども、情なかるまじき)』と対応して、内面と外面を述べ、この両方がいっしょになって『人』にかかっている」という解説に従います。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

プロフィール

ikaru_uta

カテゴリー
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ