源氏物語 ・ おもしろ読み

ドストエフスキーの全著作に匹敵する(?)日本の古典一巻を 現代語訳で読み,かつ解く,自称・労大作ブログ 一日一話。

第三章 浮舟の物語(三)

第九段 翌朝、中将から和歌が贈られる

【現代語訳】

 これにすっかり興醒めして、お帰りになる途中も、山下ろしが吹いて、聞こえて来る笛の音がとても素晴らしく聞こえて、起き明かしていた翌朝、
「昨夜は、あれこれと心が乱れましたので、急いで帰りました。
  忘られぬむかしのことも笛竹のつらきふしにもねぞなかれける

(忘れられない昔の人のことや、つれない人のことにつけ、声を立てて泣いてしまい

ました)
 やはり、もう少し気持ちをご理解いただけるようお教えになってください。堪えきれるものでしたら、好色がましくも、どうして申し上げましょうか」とあるので、ますます困っている尼君は、涙を止めがたい様子でお書きになる。
 「笛の音にむかしのことも偲ばれて帰りしほども袖ぞ濡れにし

(笛の音に昔のことも偲ばれましてお帰りになった後も袖が濡れました)
 不思議なことに人の情けも知らないのではないかと見えました様子は、年寄の問わず語りで、お聞きあそばしたでしょう」とある。珍しくもない見栄えのしない気がして、そのまま読み捨てたことであろう。
 「荻の葉(風の吹くたびに絶えず音を立てる荻の葉)」に負けないくらい頻繁に便りがあるのが、

「とても煩わしいことよ。男の心はむやみにいちずなものなのだ」と分かった時々のことも、だんだん思い出すにつれて、
「やはり、このような方面のことは、相手にも諦めさせるように、早くしてくださいませ」 と言って、お経を習って読んでいらっしゃる。心中でも祈っていらっしゃった。

このように何かにつけて世の中を思い捨てているので、

「若い女だといっても華やかなところも特になく、陰気な性格なのだろう」と思う。器量が見飽きないほどかわいらしいことで、他の欠点はすべて大目に見て、明け暮れの心の慰めにしていた。少しにっこりなさるときには、めったになく素晴らしい方だと思っていた。

 

《初めの一節、「興醒めして」と「笛の音がとても素晴らしく聞こえて」がうまくかみ合わない気がしますが、『評釈』が、それはもともとが音読の物語だから起こることで、「読み上げられた言葉は、いつもその次の言葉にかかってゆき、もとに逆のぼることをしない。それ故、現代なら三つか四つのセンテンスになるところが、形の上では一つのセンテンスになっている」と説明して、以下、この部分を縷々具体的に分析、解説していますが、長くなるので、ここでは紹介を省きます。

大尼君の得意気な高笑い(前段)に座がすっかり興ざめしてしまって、中将は引き上げていきました。それでも彼はあくまでも心ある姿勢を失わず、帰って行く彼の笛の音が風に乗っていつまでも庵に聞こえていました。「月下に横笛を吹きながら帰る趣」(『集成』)です。庵の一同は、その余韻に起きたまま朝を迎えます。

 そこに中将から便りが届きました。亡くなった妻を思うだけでもつらいのに、あの方はまったく見向きもして下さらないので、お伺いすると、ますますせつなくなるばかりです、何とか説得してくれませんか、…。

 しかし尼君には打つ手がありません。娘を忘れずにおいでいただいて、涙がこぼれました。ただ、今いるあの娘は何を言っても聞き入れてくれないのです、母が言っていましたように、音楽にも関心がないようで、皆とさえ打ち解けようともしませんで、…。

 一方、浮舟は、すっかり気がめいってしまっていました。殿方というのは、全く一方的に一途に、雨あられと言葉を掛けておいでになる、そう言えば、昔の方もそうだったが、ともあれもう何とかあきらめて下さるように言ってほしい、とひたすら読経三昧です。まるで男除けのまじないのように。

 尼君もすっかりお手上げで、困っているのですが、そうは言ってもかわいらしいので、大切に見守っています。

 ところで、以前、この物語の段落の区切りに、時々変に思われるところがあると書きました(総角の巻第六章第五段)が、ここの始まりも『集成』は改行しないまま前段から続けています。

断片的に見る原典の写真では、句読点はもちろん(これは明治末年の「句読点法案」以来普及したもののようです)、改行もなく、一面にべったりと書き綴られているように見えて、活字本にするとき、こういう文の区切りはもともとどのようにして決めているのだろうかと思います。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第八段 母尼君、琴を弾く

【現代語訳】

 話のあちこちで咳をし、呆れるほどの震え声で、かえって昔のことなどは口にせず、誰であるかも分からないのであろう。
「さあ、その琴の琴をお弾きなさい。横笛は、月にはとても趣深いものですよ。どうしました、そなたたち。琴を持って参れ」と言うので、母尼君らしい、と推察して聞くが、

「どのような所に、このような老人が、どうして籠もっているのだろう。無常の世だ」と、このことにつけても感慨無量である。盤渉調をたいそう趣深く吹いて、
「どうですか。さあ」とおっしゃる。娘尼君は、この方も相当な風流人なので、
「昔聞きましたときよりも、この上なく素晴らしく思われますのは、山風ばかりを聞き馴れていました耳のせいでしょうか」と言って、

「それでは。私のはでたらめになっていましょう」と言いながら弾く。今どきの好みとしては、ほとんど普通の人は、今は好まなくなって行くものなので、かえって珍しくしみじみと聞こえる。松風も実によく引き立てる。吹き合わせた笛の音に、月も調子を合わせて澄んでいる気がするので、ますます興趣が乗って、眠気も催さず、起きていた。

「お婆は、昔は、東琴を難なく弾きましたが、今の世では変わったのでしょうか。この僧都が『聞きにくい。念仏以外のつまらないことはするな』と叱られましたので、それならと、もう弾かないのです。それにしても、とてもよい響きの琴もございます」と言い続けて、とても弾きたく思っているので、たいそうそっと笑って、
「まことに変なことをお制止申し上げなさった僧都ですね。極楽という所では、菩薩なども皆このようなことをして、天人なども舞い遊ぶのが尊いものだと言います。勤行を怠り、罪を得ることではないでしょう。今夜はお聞き致したい」とお世辞を言うと、

「とても嬉しい」と思って、
「さあ、主殿の君さん、東琴を取って」と言うにも、咳は止まらない。女房たちは、見苦しいと思うが、僧都をも憎らしく不平を言って聞かせるので、気の毒なのでそのままにしている。東琴を取り寄せて、今の笛の調子もおかまいなしに、ただ自分勝手に弾いて、東の調子を爪弾きさわやかに調べる。他の楽器の演奏をみな止めてしまったので、

「これにばかり聞きほれているのだ」と思って、「たけふ、ちちりちちり、たりたんな」などと、撥を掻き返し、さっそうと弾いているその言葉などは、やたらと古めかしい。
「実に素晴らしく、今の世には聞かれぬ歌を、お弾きになりました」と褒めると、耳も遠くなっているので、側にいる女房に尋ね聞いて、
「今風の若い人はこのようなことをお好きでないね。ここに何か月もいらっしゃる姫君は、容貌はとても美しくいらっしゃるようだが、もっぱら、このようなつまらない遊びはなさらず、引き籠もっていらっしゃるようです」と、得意顔に大声で笑って話すのを、尼君などは、聞き苦しいとお思いである。

 

《出てきた「大尼君」は、八十歳あまりと言われた(第一章第一段)人で、「中将を見ても誰だか分からない。それ故、他の人のようになつかしがったりもしない。ただ耳だけは割合聞こえるので、さっきの中将の笛の音を耳にして、そのことだけにしか関心がない」(『評釈』)ようです。笛があれば琴が無くてはならないと、琴を持ってくるように言いつけます。

「そなたたち」は原文では「くそたち」という思いがけない言葉で、言葉の所以を知りたいのですが、『辞典』には特段の説明はありません。

 中将は、老婆の振る舞いを見て、これはどうやら大尼君のようだと見当をつけました。「どのような所に、このような老人が、どうして籠もっているのだろう」は「どのような所に」が分かりにくいのですが、言いたいことは、「(こういう)大尼君が生きのびており、その孫娘の自分の妻は早く死んだ。人の寿命は分からないものだ」(『評釈』)ということであろうという見当は付きます。

中将は「盤渉調を(笛で)たいそう趣深く吹いて」、さあどうぞと、娘尼君に琴(きん)の琴の演奏を求めました。「この方も相当な風流人」でしたから、遠慮しながらも奏でます。

それを聞いて、「お婆」も参加したくなりました。いや、実はそれを期待して出て来たようです。普段は息子の僧都に止められているようですから、今日は久しぶりのチャンスです。何とか所望されるように話を持って行かなくてはなりません。

その気持ちを察した中将が、上手に勧めました。まわりの者も今日ばかりは黙っています。大尼君が弾き始めました。伴奏など無視して奏でるので、周りのものはお手上げで、次第に引くのをやめてしまって、あとは文字通りの独演会です。

ここの「たけふ、ちちりちちり、たりたんな」は「古来難解の部分」(『評釈』)なのだそうです。

しかし、同書によれば『源氏物語の音楽』(山田孝雄著)に興味深い説があって、そこでは、ここの「たけふ」は浮舟の母が宇治から帰る折に浮舟に語った「『武生の国府』にお移りになっても」(浮舟の巻第五章第七段)に照応する言葉だとされていて、「この山田説が成立すれば、(この言葉は)今後どうさすらうものやらわからない女の運命を、それとなく暗示する」(『評釈』)ことになるのだそうです。

聞き終わって、中将はまた上手に褒めました。『評釈』は「苦しいほめ方である」と言いますが、普通昔のものの方が今のものよりも価値があると考える老人にはとっては、こう言われるのはそんなに悪い気分ではないように思われます。やはりこの人は、なかなかかしこい、そしていい人のようです。

この場面は『光る』が「丸谷・へたですねぇ。いったいどうしたんだろうかと思うくらいいやになる。」「大野・物語の主要な部分が展開していくための必要な分量を超えていますね。」と酷評しますが、ひょっとしたら中将の人の好さを言うための場面かもしれません。

いささか老人ボケも入っているらしい大尼君は、すっかりいい気分です。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第七段 尼君、中将を引き留める

【現代語訳】

 そうはいってもこのような古風な気質とは不似合いに、当世風に気取っては、下手な歌を詠みたがってはしゃいでいる様子は、とても不安に思われる。
「この上なく嫌な身の上であったのだと見極めた命も、あきれるくらい長らえて、どのようなふうにさまよって行くのだろう。全く亡くなった者として誰からもすっかり忘れられて終わりたい」と思って臥せっていらっしゃると、中将は、もともと何か物思いの種があるのだろうか、とてもひどくため息をつき、そっと笛を吹き鳴らして、「鹿の鳴く声に(秋はことにわびしいことだ)」などと独り言を言う感じは、ほんとうに弁えのない人ではなさそうである。
「過ぎ去った昔が思い出されるにつけても、かえって心が乱れますし、今新たに慕わしいと思ってくれるような人もまたいそうもないので、ここを『見えぬ山路(つらいことのない山奥)』とも思うことができません」と、恨めしそうにしてお帰りになろうとする時に、尼君が、
「どうして、『あたら夜(月と花の美しい夜)』を御覧の途中でお帰りになるのですか」と言って、にじり出ていらっしゃった。
「いえ。『をちなる里(あちらの方のお気持ち)』も分かりましたので」と軽く言って、

「あまり好色めいて振る舞うのも、やはり具合が悪い。ほんのちらっと見えた姿が、目にとまったほどで、所在ない心の慰めに思い出したのだが、あまりによそよそしくて、奥ゆかしい感じ過ぎるのも場所柄にも似合わず興醒めな感じがする」と思うので、帰ってしまおうとするのを、笛の音も物足りなく、ますます思われて、
「 深き夜の月をあはれと見ぬ人や山の端ちかきやどにとまらぬ

(夜更けの月をしみじみと御覧にならない方が、山の端に近いこの宿にお泊まりにな

らないのでしょうか)」
と、どこか整わない歌を、
「このように、申し上げていらっしゃいます」と言うと、心をときめかして、
「 山の端に入るまで月をながめみむ閨の板間もしるしありとや

(山の端に隠れるまで月を眺めましょう、その効あってお目にかかれようかと)」
などと言っていると、この大尼君が、笛の音をかすかに聞きつけたので、老齢ではいてもやはり心惹かれて出て来た。

 

《浮舟は、何とか中将と結ばれてくれないかと「引き動かさんばかりに」(前段)勧める尼たちを、冷たい視線で見ています。柄にもなく下手な歌まで詠んで恋の取り持ちをしようと、はしゃいで、ひょっとして中将を部屋に手引きでもされたらどうしよう…。

 彼女は相変わらず、というか、ますますわが運命の拙さに気持ちが沈み込んでしまいます。

 そういうところに中将は、こちらも思い屈しているふうに「ため息をつき、そっと笛を吹き鳴らして」、「独り言」を漏らします。

 このあたり、『評釈』は、浮舟に敬語を使いながら、中将には「それまでのように敬語が用いられていない」として、「すこし戯画化されている」と言いますが、「ほんとうに弁えのない人ではなさそう」だと言うのですから、そうばかりでもなさそうです。

 「過ぎ去った昔」は、亡くなった妻との昔の思い出、それを思ってみても、今またこの山里を訪ねても、つらい思いをするばかりなので、と言って、中将はもう帰ろうとしますので、あわてて尼君が出てきて、何とか引き留めます。

 歌を引きながらのやりとりは、気持ちの直接的な表現を避けて、話が穏やかになって、こういう場合は好都合のようにも見えますが、また、隔靴掻痒という感じもあります。「をちなる里」は、諸注、明らかに引き歌があるはずだが、不詳と言います。

 中将の「場所柄にも似合わず興醒め」は、ここでも「陋屋に美女を見出す」(第四段)という当時のロマンが期待されていたことを示しています。「と思うので(原文・と思へば)」とありますから、彼は本当にそう思ったと作者は言っているわけですし、「帰ってしまおう(原文・帰りなむ)」と強く意思表示していますから、ここは本気で帰るつもりのようです。

 尼君はそれでもなお引き留めようと、姫君は「山の端ちかきやどにとまらぬ」と言っていますよと、「とっさにいつわって言」います(『集成』)。姫君が泊ってほしいと言っているのなら、話は違うと、中将は歌を返します。「『板間』は、板葺き屋根の板と板の隙間」(『集成』)で、「月の光がしのびこむように、自分も入れてもらえることもあろうかと待っている」(『評釈』)ということのようです。ともあれ、中将は残ることを承諾しました。その代わり、逢って下さいよ…。

 そんなやりとりをしていると、そこに突然大尼君が出て来ました。

 ところで、冒頭の「そうはいっても」の気持が分かりません。「さすがにかかる古代の心どもにはありつかず、今めきつつ」が原文ですが、諸注は「さすがにこんな年寄りの昔気質には不似合いに、当世風に気取っては」(『集成』)、「そうはいっても、こうした古風な気持のままではなく、うきうきして」(『評釈』)、「こんな昔気質な人たちには不似合いに、さすがに当世風のところがあって」(『谷崎』)とあって、ばらばらに見えます。

 『辞典』は「さすが」を「当然予想されるのとは相違矛盾する事態が現れた場合に使う語」と言います。矛盾の一方は「かかる古代の心ども」で、それに「矛盾」しているのは、「今めきつつ…」だとすると、「そうはいっても」という訳は変で、そのまま「さすがに」で訳すのがよさそうですが。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第六段 中将、三度目の山荘訪問~その2

【現代語訳】

 客人は、
「どうでしたか。何と、情けない。『秋と契れる(秋になったら逢おうという約束)』は、おだましになったのですね」などと、恨みながら、
「 松虫の声をたづねて来つれどもまた荻原の露にまどひぬ

(松虫の声を尋ねて来ましたが、再び荻原の露に濡れて心を乱しています)」
「何とお気の毒な。せめてこれには」などと責めると、そのような色恋めいた事に返事するのもたいそう嫌で、また、いったん返歌をしたら、このような折々に責められるのも厄介に思われるので、返事をさえなさらないので、皆であまりにいいようもなく思い合っていた。

尼君は、出家前は当世風の方であった名残りであろう、
「 秋の野の露分け来たる狩衣むぐらしげれる宿にかこつな

(秋の野の露を分けて来て濡れた狩衣は、葎の茂ったわが宿のせいになさいますな)
と、わずらわしがり申していらっしゃるようです」と言うのを、簾中でも、やはりこのように思いの外にこの世に生きていると知られ出したのを、とてもつらいとお思いになる心中を知らないで、男君のことをも尽きせず思い出しては、恋い慕っている人びとなので、
「このようなちょっとした機会にもお話し合い申し上げなさるのも、お気持ちにそむいて油断ならないことはなさらない方ですのに、世間並の色恋とお思いなさらなくても、人情のわからなくはないという程度に、お返事を申し上げなさいませ」などと、引き動かさんばかりに言う。

 

《中将は部屋の奥の尼君に向かって、返事を督促する気持ちで声を掛けます。「どうでしたか(原文・いづら)」は、浮舟の返事の具合を訊ねているのであって、現在形の方がいいように思いますが、諸注、過去形にしていますので、それに従いました。「秋と契れる」は、先の尼君が引いた「待乳の山の」の歌(前段)の下の句を引いたもので、あなたが約束してくれたのじゃなかったのですか、と言っているわけです。あの歌は、誰か別に思う人がいるようだという歌でしたが、それをわざと自分がその人だと取りなして言っているのでしょう。

 ここの中将の「松虫の」の歌は、その待っているという言葉を頼りに来てみたのに、すげない扱われ方にまたしても涙していますと、恨んでみせています。

 尼君は奥で浮舟にせめて歌の返歌だけでもと促しますが、浮舟はその言葉への「返事さえなさら」ず、まして返歌など望むべくもない様子です。

 やむなくここも尼君が代わりに歌を返しました。「むぐらしげれる宿にかこつな」の意味が分かりにくいのですが、涙しているとおっしゃるけれど、あなたの狩衣を濡らしたのは道中の露に過ぎず、泣いてなんかいらっしゃらないのでしょう、と、すねて見せている、ということでしょうか。浮舟からの返歌という形にして、中将への気持ちがないのではない、という態度です。それを受けて、「簾中も(お付きの者たちも)」と言い、それは、浮舟の気持も知らないでという挿入句があって、「男君のことをも」に係って行きます。彼女たちはみな、中将に好意を寄せていることもあって、なんとかかつての華やいだ生活を取り返したいのです。「引き動かさんばかりに(原文も、引き動かしつべく)」というのが、その場面をよくイメージさせて、お付きの者たちのじれったい気持ちを強く示すことになっています。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第六段 中将、三度目の山荘訪問~その1

【現代語訳】

 手紙などをわざわざやるのは何といってもてれくさく、わずかに見た様子は忘れず、何を悩んでいるのかは分からないが心を惹かれるので、八月十日過ぎに、小鷹狩のついでにいらっしゃった。いつものように、尼を呼び出して、
「先日ひとめ見た時から、心が落ち着かなくて」とおっしゃった。お答えなさるはずもないので、尼君は、
「『待乳の山の(誰か他に思う人がいるのだ)』と思って見ています」と御簾の中から言い出させなさる。お会いなさっても、
「お気の毒な様子でいらっしゃると伺いました方のお身の上が、もっと詳しく知りたく存じます。何事も思った通りにならない気ばかりがしますので、出家生活をしたい考えはありながら、お許しなさるはずのない方々に妨げられて過ごしております。いかにも屈託なげな今の妻のことは、このように沈みがちな身の上のせいか、似合わないのです。悩んでいらっしゃるらしい方に、思っている気持ちを申し上げたい」などと、とてもご執心なさっているようにお話なさる。
「明るく振る舞うのではない人をとのご希望は、いろいろお話し合いなさるのに、不似合いではないように見えますが、普通の人のようにはありたくないと、ほんとうに嫌に思われるくらい世の中を厭っていらっしゃるようなので。残り少ない命の私でさえ、今を最後と出家します時には、とても何となく心細く思われましたものを。将来の長い盛りの時では、最後までどうだろうかと、心配でおります」と、親ぶって言う。

奥に入って行っても、
「情のないなさりかたですこと。やはり、少しでもお返事申し上げなさい。このようなお暮らしでは、ちょっとしたことでも、人の気持ちを汲むのは世間の常識というものです」などと、なだめすかして言うが、
「人にものを申し上げるすべも知らず、何事もお話にならない私で」と、とてもそっけなく臥せっていらっしゃる。

 

《冒頭が読みにくいのですが、「わずかに見た」の前に「その一方で」を補い、次の「何を~分からないが」を挿入句と考えると、繋がります。気持ちで言えば、「手紙を…」と「わずかに…心惹かれる」とは順序が逆ですから、分かりやすさだけで言えば、その順に語られる方がいいような気がします。

「何といってもてれくさく」は、なぜそうなのか分かりません。原文は「さすがにうひうひしく」で、ここは『評釈』の訳です。『集成』は「いまさら気のひけることだし」、『谷崎』は「さすがに初心らしいし」です。こういう時に手紙を書くのはもっと若い人のやり方で、中将の「二十七、八歳」(第一段)にもなると、もうあまりしない、というようなことがあるのでしょうか。確かに現在の四十歳近いくらいを考えると、そうかもしれません。ちなみに浮舟は二十歳ちょっと、いまなら二十代後半という感じでしょうか。

 ともあれそうして中将は「小鷹狩のついで」にやって来ました。

 まず例の「少将の尼」を呼んで挨拶を伝えさえますが、「お答えなさるはずもないので」、やむなく尼君が代わって、この人にはどうも思うところがあるようで、と返事をします。

 そこで彼は縷々語ることになるのですが、「出家生活をしたい考え」があると言うのが唐突で、さらに、快活な現在の妻と折り合いがよくなく、「悩んでいらっしゃるらしい方(原文・もの思ひたまふらむ人)」と話がしたいというのは(このあたり、『集成』が「矮小化された薫である」と言います)、一般論としては分かるにしても、言われた女性の身になってみると、あまりいい感じの口説きではないのではないか、という気がします。

相手から拒否されている中でのわずか二度目の対面で、いきなりこういう話をすると、話の真実味が著しく欠けてしまいます。『評釈』は「デイレッタントの匂いが強い」と言い、「お坊ちゃんの哲学青年」と酷評していますが、むしろもう少し単純に青臭い感じです。

が、作者は話を急いでいるようで、尼君はそれをそのまままともに受けて話を進めます。

尼君の返事は、浮舟は世を厭って出家を望んでいるけれども、実際に出家しても、いつまでそれが通せるか心配で、やはり中将にお世話いただいた方がいいと思っているのだが、ということでした。

そう言っておいて、彼女は奥に入って浮舟に対しても、中将に普通に返事をするように促します。

 しかし浮舟は応じません。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

プロフィール

ikaru_uta

カテゴリー
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ