源氏物語 ・ おもしろ読み

ドストエフスキーの全著作に匹敵する(?)日本の古典一巻を 現代語訳で読み,かつ解く,自称・労大作ブログ 一日一話。

第一章 光る源氏の物語(一)

第四段 薫物合せ後の饗宴

【現代語訳】

 月が出たので、御酒などをお召し上がりになって昔のお話などをなさる。霞んだ月の光がゆかしいところに雨上がりの風が少し吹いて、梅の香りが優しく香り、御殿の辺りに何とも言いようもなく匂い満ちて、皆のお気持ちはとてもうっとりしている。
 蔵人所の方にも、明日の管弦の御遊の試演にお琴類の準備などをして、殿上人などが大勢参上して、美しい幾種もの笛の音が聞こえて来る。内の大殿の頭中将、弁少将なども、挨拶だけで退出するのをお止めさせになって、いくつも御琴をお取り寄せになる。
 宮の御前に琵琶、大臣に箏の御琴を差し上げ、頭中将は和琴を賜って賑やかに合奏なさっているのは、たいそう興趣深く聞こえる。宰相中将は横笛をお吹きになる。季節にあった調べを、雲居に響くほど吹き立てる。弁少将が拍子を取って、「梅が枝」を謡い出したのがたいそう興味深い。子供の時、韻塞ぎの折に「高砂」を謡った君である。宮も大臣も一緒にお謡いになって、格式張ってはいないが、趣のある夜の管弦の催しである。
 お杯をお勧めになる時に、宮が、
「 鶯の声にやいとどあくがれむ心しめつる花のあたりに

(鴬の声にますます魂が抜け出しそうです、心を惹かれた花の所では)
 千年も過ごしてしまいそうです」とお詠み申し上げなさると、
「 色も香もうつるばかりにこの春は花咲く宿をかれずもあらなむ

(色艶も香りも移り染まるほどに、今年の春は、梅の咲く私の家を訪れて下さい)」
 頭中将に盃をおさずけになると、受けて、宰相中将に廻す。
「 鶯のねぐらの枝もなびくまでなほ吹きとほせ夜半の笛竹

(鴬のねぐらの枝もたわむほど、夜通し笛の音を吹き澄まして下さい)」
 宰相中将は、
「 心ありて風の避くめる花の木にとりあへぬまで吹きや寄るべしき

(気づかって風が避けて吹くらしい梅の花の木に、むやみに近づいて笛を吹いてよい

ものでしょうか)
 無風流ですね」と言うと、皆お笑いになる。弁少将は、
「 霞だに月と花とをへだてずはねぐらの鳥もほころびなまし

(霞さえ月と花とを隔てなければ、ねぐらの鶯も鳴き出すことでしょうに)」
 ほんとうに、明け方になって宮はお帰りになる。御贈物にご自身の御料の御直衣のご装束一揃い、手をお触れになっていない薫物を二壺添えて、お車までお届けになる。宮は、
「 花の香をえならぬ袖にうつしもてことあやまりと妹やとがめむ

(この花の香りを素晴らしい袖に移して帰ったら、女と過ちを犯したのではないかと

妻が咎めるでしょう)」
 と言うので、
「たいそう弱気ですね」と言ってお笑いになる。お車に牛を繋ぐところに、追いついて、
「 めずらしと故里人も待ちぞ見む花の錦を着てかへる君

(珍しいことだと家の人も待ち受けて見ましょう、この花の錦を着て帰るあなたを)
 めったにないこととお思いになるでしょう」とおっしゃるので、とてもつらがりなさる。以下の公達にも、大げさにならないようにして、細長、小袿などをお与えになる。


《少々長くなりましたが、歌が続きましたので、ご容赦いただきます。

この前までは六条院の夫人方それぞれの話でしたが、続いてここは当代の若手貴公子のそろい踏みで、おめでたい儀式を目前に控えた六条院の賑わいと華やぎは最高潮です。

まずはたくさんの殿上人がやって来て明日の儀式用の合奏のリハーサルですが、始まったところに、折りよく内大臣の子息の二人が明日の儀式に呼ばれたことへの「お礼言上」(『集成』)にやって来ましたので、彼らも留め、さらに夕霧も加わって、それぞれの得意の楽器を渡されて、中に入ります。中で、弁の少将は、十四年前、「八、九歳」の時に「高砂」を歌って源氏から褒美を貰ったことのある人(賢木の巻第六章第三段)ですが、今日は時宜にあった催馬楽「梅が枝」を歌います。

リハーサルが一段落して、次は夜の宴会で、酒を飲み交わしながら、歌の贈答が始まりました。

宮が盃を受けながら、少将の歌を讃えることで源氏を寿ぐと、源氏が応じます。

中将は頂いた盃を夕霧に回しながら彼の笛を讃えれば、「鶯」によせて「とりあえぬまで」と洒落て謙遜して見せ、それに対して、少将が横から(?)、霞が月の光を遮らなければ、鶯は朝かと思って鳴き出すでしょうに、と惜しがって見せます。

歓楽はいつまでも尽きず、「千年も過ごしてしまいそうです」と言った宮が、ほんとうに夜を更かして明け方になってやっと腰を上げて帰っていきます。

源氏は立派な土産を渡しますが、宮は洒落た、しかしいかにも宮らしい冗談を返して、またしても源氏に皮肉られ、兄弟して笑い合っての別れですが、牛車の支度をしているところまで追いかけて別れを惜しむ源氏の姿は、珍しく男同士の付き合いとして、思い描くと胸の暖まる思いがする、好い光景です。

最後の源氏の歌は、宮の歌の「妹やとがめむ」を言葉どおりに受け取った振りをして、「夫人のいない兵部卿の宮を、めったに外泊しない恐妻家に見立ててからかう」(『集成』)というもののようです。》


にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

第三段 御方々の薫物

【現代語訳】
 この機会に、ご婦人方がご調合なさった薫物を、それぞれお使いを出して、
「今日の夕方の雨湿りに試してみよう」とお話申し上げなさるので、それぞれに趣向を凝らして差し上げなさった。
「これらを判定して下さい。『誰にか見せむ(他の誰に出来ましょう)』」と申し上げなさって、いくつもの御香炉を召して、お試しになる。
「『知る人』というわけでもありませんが」と謙遜なさるが、何とも言えない匂いの中で、香りの強すぎたり弱すぎたりする材料一つなどが、わずかの欠点となっているのを識別して、強いて優劣の区別をお付けになる。あのご自分の二種の香は、今お取り出させになる。
 右近衛府の詰め所の御溝水の辺に埋める例に倣って、西の渡殿の下から湧き出る遣水の近くに埋めさせなさっていたのを、惟光の宰相の子の兵衛尉が掘り出して参上した。宰相中将が、受け取って差し上げさせなさる。宮は、
「とても難儀な判者に任命されたものですね。とても煙たいことです」と、お困りになる。

同じ調合法は、どこにでも伝わって広がっているようだが、それぞれの好みで調合なさった薫き物の深さ浅さを嗅ぎ分けて御覧になると、とても興味深いこと多い。
 まったくどれと言えない香の中で、斎院の御黒方が、さすがに奥ゆかしく落ち着いた匂いが格別である。侍従の香では、源氏の大臣の御香が優れて優美でやさしい香りである、とご判定になさる。
 対の上の御香は、三種ある中で梅花の香がはなやかで当世風で、少し鋭く匂い立つように工夫を加えて、珍しい香りが加わっていた。
「今頃の風に薫らせるには、まったくこれに優る匂いはあるまい」と賞美なさる。
 夏の御方におかれては、このようにご婦人方が思い思いに競争なさっている中で、人並みにもなるまいと、煙の遊びにさえ消え入るような控えめなご気性で、ただ荷葉の香を一種調合なさった。一風変わってしっとりした香りで、しみじみと心惹かれる。
 冬の御方におかれても、季節ごとによる薫き物が決まっているから、春の香に負けるのもつまらないとお考えになって、薫衣香の調合法の素晴らしいのは、前の朱雀院のをお学びになって、源公忠朝臣が、特別にお選び申した百歩の方などを思いついて、またとない優美さを調合した、その考えが素晴らしいと、どれも悪い所がないように判定なさるのを、
「ずるい判者ですね」と申し上げなさる。

 

《風流人・兵部卿が来た機会に、折角作った香の出来映えを競わせてみようと、宮に判者を依頼して、各婦人方からそれぞれが調合した香が取り寄せられました。折から、雨上がりとあって、香を楽しむには、そういう湿気のある時の方がいいのだそうです。

宮は、風流人らしく洒落た謙遜をしながら、それぞれに判を下していきますが、もちろん真面目に優劣を決めることなどできませんから、それぞれの優れた点を挙げて、感心するばかりです。

もちろん源氏も、こういう時ですから、厳密な判定を求めているわけではなく、楽しみの一つとしての企画ですから、弟宮に「ずるい判者ですね」と冷やかしながら、どれを採っても素晴らしい出来映えであることに満足しての、いわゆる「ドヤ顔」でのことばです。

 斎院の「黒方」、源氏の「侍従」、対の上(紫の上)の「梅花」、夏の御方(花散里)の「荷葉」、冬の御方(明石の御方)の「薫衣香」は、それぞれ薫香の種類なのだそうで、当時の彼らにとっては、大変な関心事だったのでしょうが、私たちには縁遠いものになってしまって、その味わいは、残念ながら理解を超えています。

もとよりその責めは現代の私たちの側にあるのですが、それにしても、折角新しい話に入ったはずなのに、玉鬘十帖の初め、初音・胡蝶の巻あたりと同工異曲といった感じで、またかという印象で、前は正月の衣裳のお話が延々と続きましたが、こちらはそれが香に替わった、といったところです。

作者としては、こうしてあらゆる文化において六条院がいかに優雅で格調高く、素晴らしい世界であるかということを語ろうとしているのでしょうから、とりあえずはそのことを承知して、先に進みます。

ところで、ここで紫の上がはっきりと「対の上」と呼ばれます。第一段でも書いたように移った事情は説明されていません。このことについて『評釈』がそこで詳しく検討していますが、要は、後の新しい物語の都合ということのようで、私たちは、そうなんだと認めて、先に進みます。

源氏の言った「誰にか見せむ」は「君ならで誰にか見せむ梅の花色をも香をも知る人ぞ知る」(『古今集』38友則)によるようで、宮もそれによって応じているのですが、「知る人ぞ知る」という成句はこれが始まりなのだろうかと、思いがけなく、驚きました。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第二段 二月十日、薫物合せ

【現代語訳】

 二月の十日、雨が少し降って、御前近くの紅梅が盛りで色も香も他に似る物がない頃に、兵部卿宮がお越しになった。御裳着の支度が今日明日に迫ってお忙しいことだろうと、お見舞い申し上げなさる。昔から特別によいお仲なので、隔てなくあの事この事とご相談なさって、紅梅を賞美していらっしゃるところに、前斎院からと言って、花が散ってしまった梅の枝に結び付けられているお手紙を持ってまいった。宮はお聞きになっていたこともあるので、
「どのようなお手紙があちらから参ったのでしょうか」とおっしゃって、興味をお持ちになっているので、にっこりして、
「たいそう無遠慮なことをお願い申し上げたところ、几帳面に急いでお作りになったのでしょう」とおっしゃって、お手紙はお隠しになった。
 沈の箱にガラスの坏を二つ置いて、大きく丸めてお入れになっている。心葉は、紺瑠璃の壺には五葉の枝を、白いのには白梅を彫って、同じように結んである糸の様子も優美で女性的にお作りになってある。
「優雅ななさりようですね」とおっしゃって、お目を止めになると、
「 花の香は散りにし枝にとまらねどうつらむ袖に浅くしまめや

(花の香りは散ってしまった枝には残っていませんが、香を焚きしめた袖には深く残

るでしょう)」
 薄墨のほんのりとした筆跡を御覧になって、宮は仰々しく口ずさみなさる。
 宰相中将がお使いの者を捜し出して引き止めさせなさって、十分に酒をお振る舞いになる。紅梅襲の唐の細長を添えた女装束をお与えになる。お返事も同じ紙の色で、御前の花を折らせてお付けになる。宮が、
「ご返事の内容が気になるお手紙ですね。どのような秘密があるのか、深くお隠しになる」 と恨んで、ひどく見たがっていらっしゃった。
「何でもありません。秘密があるようにお思いになるのこそ迷惑です」とおっしゃって、御筆のついでに、
「 花の枝にいとど心をしむるかな人のとがめむ香をばつつめど

(花の枝にますます心を惹かれることよ、人が咎めるだろうと隠しているが)」

とでもあったのであろうか。
「実のところ、物好きなようですが、二人といない娘のことですから、こうするのが当然の催しであろうと存じましてね。たいそう不器量ですから、疎遠な方にはきまりが悪いので、中宮を御退出おさせ申し上げてと存じております。親しい間柄でお慣れ申し上げているが、気の置ける点が深くおありの宮なので、何事も世間一般の有様でお見せ申しては、恐れ多いことですから」などと、申し上げなさる。
「あやかるためにも、おっしゃるとおり、きっとお考えになるべきことでしたね」と、ご判断申し上げなさる。

 

《六条院の華やいだ忙しさの中に、この間まで玉鬘を追いかけていた兵部卿の宮がやって来ます。兄の多忙の見舞いと言いますが、自分の傷心を癒す意味もあったかも知れません。もっとも、当代の風流人ですから、こういう時の訪れは、華やぎに色を添えることにもなります。

 ちょうどそこに、故桃園式部卿宮邸の前斎院から、頼んでおいた薫香が届きました。かつては源氏の正室にと噂されていた人(朝顔の巻)ですから、宮は強い関心を示します。もちろんあの時以来そういうことはなくなっていますが、途絶えたのではなくて、今は親しい友人といった間柄のようです。

「花が散ってしまった梅の枝に結び付けられているお手紙」について、『集成』が「『拾遺集』巻十六の如覚法師の歌による趣向」としていて、その歌は、「(この薫物は)時過ぎた私には何のかいもないものですが」と「わが身を卑下し、姫君の若さを讃えた」(同)ものとされます。六条院の夫人方だけでなく、こうした人も関わってくることで、華やぎはいっそうのものとなります。

源氏は、前斎院とのことについての宮の追求を逸らしながら、姫のためにこうした準備に大騒動をしていることを「二人といない娘のこと」と弁解しながら、あわせて、裳着の折の腰結いの役を、「中宮を御退出おさせ申し上げて」お願いするつもりだと、大変な計画を語りました。弟なればこその相談です。

宮も、いずれあやかって中宮になるように、ということを考えれば、当然考えるべきことだと賛成するのでした。源氏だからこそできる計画で、しかも宮がこういう以上、恐らく関係する人々誰もが喜んで同意するだろうと思われ、彼の権勢が不動のものになっていることの証しでもあります。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第一段 六条院の薫物合せの準備

巻三十二 梅枝 光る源氏の太政大臣時代三十九歳秋一月から二月までの物語

第一章 光る源氏の物語(一) 薫物合せ

第一段 六条院の薫物合せの準備

第二段 二月十日、薫物合せ

第三段 御方々の薫物

第四段 薫物合せ後の饗宴

第二章 光る源氏の物語(二) 明石の姫君の裳着

第一段 明石の姫君の裳着

第二段 明石の姫君の入内準備

第三段 源氏の仮名論議

第四段 草子執筆の依頼

第五段 兵部卿宮、草子を持参

第六段 古万葉集と古今和歌集

第三章 内大臣家の物語 夕霧と雲居雁の物語

第一段 内大臣家の近況

第二段 源氏、夕霧に結婚の教訓

第三段 夕霧と雲居の雁の仲

 

【現代語訳】
 御裳着の儀式のご準備をなさるお心づかいは並々ではない。東宮も同じ二月に、御元服の儀式がある予定なので、そのまま御入内のことも続くのであろうか。
 正月の月末なので、公私ともにのんびりとした頃に、薫物合わせをなさる。大宰大弐が献上したいくつもの舶来の香を御覧になると、「やはり、昔の香には劣っていようか」とお思いになって、二条院の御倉を開けさせなさって、唐の品々を運ばせなさって、お比べになると、
「錦、綾なども、やはり古い物が好ましく上品であった」とおっしゃって、身近な調度類の覆いや敷物、座蒲団などの縁に、故院の御代の初め頃に高麗人が献上した綾や緋金錦類など、今の世の物には比べ物にならず入念に用向きに合ったものをお選びになって仕立てさせなさって、今回の綾、羅などは、女房たちにご下賜なさる。
 数々の香は昔のと今のを取り揃えさせなさって、ご夫人方にお配り申し上げさせなさる。
「二種類ずつ調合なさって下さい」と、お願い申し上げさせなさった。

贈物や上達部への禄など、世にまたとないほどに、六条院でもその他でも忙しくお作りになるのに加えて、それぞれのご夫人の所でも材料を選び準備して、鉄臼の音が喧しく聞こえる頃である。
 大臣は寝殿に離れていらっしゃって、承和の帝の御秘伝の二つの調合法を、どのようにしてお耳にお伝えなさったのであろうか、熱心にお作りになる。
 紫の上は、東の対の中の放出に、御設備を特別に厳重におさせになって、八条の式部卿の御調合法を伝えて、互いに競争して調合なさっている間に、たいそう秘密にしていらっしゃるので、
「匂いの深さ浅さも、勝ち負けの判定にしよう」と大臣がおっしゃる。子を持つ親御らしくない競争心である。どちらにも御前にお仕えする女房は多くいない。

御調度類も多く善美を尽くしていらっしゃる中でも、いくつもの香壺の御箱の作り具合も、壺の恰好も、香炉の意匠も、見慣れない物で当世風に趣向を変えさせていらっしゃるものに、あちらこちらで一生懸命にお作りになったような香の中で優れた幾種かを、匂いを比べた上で、入れようとお考えなのである。


《さて、物語は、玉鬘の話から、明石の姫君を中心とする話へと転換していきます。

巻の名は、第一章第四段で歌われる、催馬楽「梅が枝」によるとされます。
  玉鬘の出産で年の暮れた翌年正月、この姫君は今十一歳、源氏はまず裳着の儀式、そして念願の入内へと、準備を進めています。

 まずは裳着の儀式ですが、その引き出物として香が用意されました。「『薫物』とはいろいろの香木を粉にひいて、練りあわせたもの」(『評釈』)で、「合わせ」はその調合のことをいうのだそうです。

 太宰府の次官から中国渡来の珍香がもたらされたのですが、源氏はそれはどうも気に入りません。自邸の二条院の倉を開けて、昔の香を取り出します。

その時一緒に「錦、綾」といった織物も見ると、大弐が香と一緒に献上したそれに比べて、明らかに二条院の倉の物の方がよかったようで、そちらを使うことにして、献上品の方はそのまま「女房たちにご下賜」されてしまいます。気前の好さ、いかに源氏が裕福に優雅に暮らしているか、を語る話です。作者も一女房としてお仕えする人はかくあってほしいと思っていたことでしょう。

「縁」とありますが、昔の敷物、大きな座布団類は中央に方形の布があてられ、その周囲を別の生地で縁取りがしてあります。今でも仏壇の前などのきちんとした座布団にはそういうものを使います。

さて、香ですが、こちらは献上品と倉出しのものとを、それぞれ夫人方に配って、「二種類ずつ調合なさって下さい」と依頼があります。

それからは、源氏自身も含めて、源氏と紫の上同士さえも別々に自室に籠もって、それぞれの人が秘術を尽くして極秘裏にその調合合戦ということになります。

ここに「大臣は寝殿に離れていらっしゃって」、「紫の上は東の対の放出に」とありますから、現在、六条院東南邸の東の対が二人の常の居所ということになるでしょう。野分の巻で夕霧が紫の上を垣間見たのは「東の渡殿」からやって来て、とありましたから、その姿は寝殿にあったという印象ですが、どこかで移ったのでしょうか。このことは『評釈』が、後の若菜上の巻以降の展開のための作者の操作であろうと詳しく書いています。

なお、「放出」は「境界の簾や障子を撤去して、母屋と廂などを一続きにした部屋。…『中の放出』は母屋の南北の仕切りを放ったものか」と『集成』が書いています。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

 

プロフィール

ikaru_uta

カテゴリー
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ