源氏物語 ・ おもしろ読み

ドストエフスキーの全著作に匹敵する(?)日本の古典一巻を 現代語訳で読み,かつ解く,自称・労大作ブログ 一日一話。

第三章 玉鬘の物語(三)

第九段 右近、玉鬘一行と約束して別れる

【現代語訳】
 参詣する人々の様子が見下ろせる所である。前方を流れる川は初瀬川というのであった。右近は、
「 ふたもとの杉のたちどを尋ねずは古川のべに君を身ましや

(二本の杉の並び合っている長谷寺に参詣しなかったなら、古い川の近くで姫君にあ

うことができたでしょうか)
 『嬉しき瀬にも(やっとお目にかかれました)』」と申し上げる。
「 初瀬川はやくのことは知らねども今日の逢ふ瀬に身さへ流れぬ

(昔のことは知りませんが、今日逢った嬉し涙でこの身も流れてしまいそうです)」

とお詠みになって、泣いていらっしゃる様子は、とても好感がもてる。
「ご器量はとてもこのように素晴らしく美しくいらっしゃっても、田舎人めいて気の利かないようでいられたら、どんなにか玉の瑕になったことでしょうに。いやもう、どうしてこう立派にご成長されたのであろう」と、乳母殿に感謝する。
 母君は、ただたいそう若々しくおっとりしていて、柔和な穏やかな方でいらっしゃったが、こちらは気品があって、振る舞いなどもこちらが恥ずかしくなるくらいに優雅でいらっしゃる。筑紫の地を奥ゆかしく思ってみるが、皆、他の人々は田舎人めいてしまっているので、合点が行かない。
 日が暮れたので、御堂に上って、翌日も勤行してお過ごしになる。
 秋風が谷から遥かに吹き上がってきて、とても肌寒く感じられて、感慨ひとしおの人々にとっては、何かと思い続けられて、人並みになるようなことも難しいことと沈みこんでいたが、この右近の話の中に、父内大臣のご様子や、側室のたいしたことのないような方々の御子たちも、皆一人前になさっていることを聞くと、姫はこのような日陰者も望みが持てるとお思いになるのであった。
 帰る時にも、互いに住所を聞き交わして、もしも再び姫君の行く方が分からなくなってしまってはと、心配に思うのであった。右近の家は六条院の近くだったので、程遠くないので、話し合うにも便宜ができた心地がしたのであった。

 

《「初瀬川」の歌は、後に「泣いていらっしゃる(原文・うち泣きておはする)」と敬語がありますから、姫の歌です。右近は初めて姫の言葉を聞き、また姫がこうしたことをきちんと心得ていることにいたく感心し、十分都で通用する素養を身につけていると、安心します。

そして、筑後の地がそのように人を育てる雅な土地かと思ってみるのですが、三条などは、長く住んで来てすっかり田舎者になってしまったようだから、土地のせいでもないようだ、やはり乳母の育て方がよかったのだろうと、「乳母殿に感謝する(原文・おとどをうれしく思ふ)」のでした。

その次の姫の一行の様子は、ちょっと分かりにくいところです。

これまで、都には来たものの、本当に自分たちが思い描くような暮らしが開けてくるのかどうか不安で、「感慨ひとしおの人々にとっては、何かと思い続けられて人並みになるようなことも難しいことと沈みこんでいた」とありますが、ここには敬語がありませんから、乳母達の思いと考えられます。

そして、右近から、内大臣の様子を話す中で、「他のたいしたことのない御子息たちも、皆一人前になさっている」ということを聞いて、「このような日陰者も望みが持てるとお思いになるのであった」には、「おぼしなりぬる」と敬語がありますから、これは姫の思いということです。

もちろん、姫が安堵すれば、周囲も気持ちが落ち着くでしょうから、話としては理解できますが、そういう現実的な安堵は乳母達が先にする方が自然で、姫の方が先にそういうことを思ったようにあるのは、この姫の品格を損なうような気がするのですが、どんなものでしょう。

ともあれ、双方は、連絡が取れるように「互いに住所を聞き交わして」別れます。右近の家は六条院の近くで、姫の宿が九条でしたから、さいわい「程遠くないので、話し合うにも便宜ができた心地がした」と言います。京都の大路は一区画の距離がおよそ五百㍍ですから、六条から九条大路まで南北およそ一キロ半、歩くにはちょっとした距離と思われますが、当時の人には何ほどでもなかったのでしょうか。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第八段 乳母、右近に依頼

【現代語訳】
「このようなお美しい方を、危うく辺鄙な土地に埋もれさせ申し上げてしまうところでしたが、もったいなく悲しくて、家やかまどを捨てて、息子や娘の頼りになるはずの子どもたちにも別れて、かえって見知らない世界のような心地がする京に上って来ました。
 あなた、早く良いようにお導きくださいまし。高い宮仕えをなさる方は、自然と交際のつてもございましょう。父大臣のお耳に入れられて、お子様の中に数え入れてもらえるような工夫を、お計らいになってください」と言う。姫は恥ずかしくお思いになって、後ろをお向きになっていらっしゃった。
「いやもう、私などはとるにたりない身の上ですけれども、殿も御前近くにお使い下さいますので、何かの時毎に、『姫君はどうおなりあそばしたことでしょう』とお話し申し上げたのを、お心にお掛けになっていらっしゃって、『私も何とかお捜し申したいと思うが、もしお聞き出し申したら』と、仰せになっています」と言うと、
「大臣の君は、ご立派でいらっしゃっても、そうしたれっきとした奥方様たちがいらっしゃるようです。まずは実の親でいらっしゃる内大臣様にお知らせ申し上げなさって下さい」などと言うので、昔の事情などを話に出して、
「ほんとうに忘れられず悲しいこととお思いになって、『あの方の代わりにお育て申し上げよう。子どもも少ないのが寂しいから、自分の子を捜し出したのだと世間の人には思わせて』と、その当時から仰せになっているのです。
 分別の足りなかったことには、いろいろと遠慮の多かった時なので、お尋ね申すこともできないでいるうちに、大宰少弍におなりになったことは、お名前で知りました。赴任の挨拶に殿に参られた日、ちらっと拝見しましたが、声をかけることができずじまいでした。
 それにしても、姫君は、あの昔の夕顔の五条の家にお残し申されたものと思っていました。ああ、大変なこと。田舎者におなりになってしまうところでしたねえ」などと、お話しながら、一日中、昔話や念誦などしながら過ごす。

 

《右近の話を聞いた乳母は、大変な思いをして都に連れてきた甲斐があったと喜び、辛い思いをしたことの報いにも、少しでも早く父大臣の所へ連れていってほしいと話します。

姫は二人の話に「恥ずかしくお思いになって」背を向けている、というのがよく分かりません。あまりに「美しい」と褒めそやされることを、かと思いましたが、『集成』は「今の自分の寄るべない身の上を引けめに思う」のだと言います。ちょっと腑に落ちない気がしますが、そういうことなのでしょうか。

さて、乳母にとっては、源氏はまったく縁のない方ですから、右近が盛んに源氏の話をすることが十分理解できませんし、あの噂の源氏では、「色好みの相手にされると心配」(『評釈』)もしているようです。そこで、ものの順序として、まずは父大臣に会わせてほしいと、重ねて言います。

しかし右近は、源氏がいかにこの姫に会いたがっているかを、「昔の事情などを話に出して」、あの「なにがしの院」の顛末を語り、源氏がどれほど夕顔の忘れ形見に会いたがっているか、話して聞かせたのでした。

「分別の足りなかったことには…」は、夕顔の死後、長らくそのことを乳母を初めとする夕顔の周辺に知らせなかったことを弁解している話です。彼女としては、「誰にもそうとは知らせないで、私に預からせよ」(夕顔の巻第四章第七段2節)と言われたり、「源氏の君も今になって洩らすまいとお隠しになっている」(同第六章2節)というようなことがあって、源氏から厳しく口止めされていたわけで、連絡をとりにくい事情があったのでした。

そのころ乳母の夫が太宰府赴任に当たって源氏の邸に挨拶に行ったようです。その時の右近の「ちらっと拝見しましたが、声をかけることができず」という気持ちは、大変つらいものだったと思われ、また聞かせて欲しいところですが、読者は察するしかありません。

ところで、『評釈』が、ここの話は、ちょっと変なところがあると言います。

「姫君は、あの昔の夕顔の五条の家にお残し申された(原文・とどめたてまつりたまへらむ)ものと思っていました」とあって、源氏が夕顔の家に通っていたころ、この姫君はその屋敷にいたように読めるのですが、夕顔の巻では、「あの西の京でご成育なさるのは不憫で」(第四章第七段2節)とか「(五条の家の者たちは)幼い姫君の噂さえ聞けず」(第六章2節)とありましたから、そのままでは話が合いません。

また、右近が乳母に「あの昔の夕顔の五条の家」と言うのは変だ、「右近にとって、(あの家について)はたして夕顔が一番強い印象であったろうか」と言います。源氏との対話でなら「夕顔の家」で分かるかも知れませんが、乳母との話で確かに無理でしょう。

いや、ひょっとして作者は、ここもまた、この場面の絵を一緒に見ながら話に聞き入っている女房たちの仲間の一人として語っているのかも知れません。

ここの最後の部分は、『集成』本の原文では「念誦などしつつ、参りつどうふ人の…」と、次節の文に続いていますが、うまく繋がりません。この「渋谷」本も『評釈』も「念誦などし暮らす。」と文が終わっていて、その方が分かりやすいので、ここはそちらに従いました。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第七段 右近、主人の光る源氏について語る

【現代語訳】
 夜が明けたので、知りあいの大徳の坊に下がった。話を心おきなくというのであろう。姫君がひどく質素にしていらっしゃるのを恥ずかしそうに思っていらっしゃる様子が、たいそう立派に見える。
「思いもかけない高貴な方にお仕えして、大勢の方々を見てきましたが、殿の奥方様のご器量に並ぶ方はいらっしゃらないと、長年拝見しておりましたが、その他にご成長されてゆく姫君のご器量も、当然のことながら優れていらっしゃいます。大切にお育て申し上げなさる様子も、並ぶ方がないくらいですが、このように質素にしていらっしゃりながら、お劣りにならないくらいにお見えになりますのは、めったにないお美しさです。
 大臣の君は、御父帝の御世から多数の女御や后をはじめ、それより以下の女は残るところなくご存知でいらしたお目には、今上帝の御母后と申し上げた方と、この姫君のご器量とを、『美人とはこのような方をいうのであろうかと思われる』とお口にしていらっしゃいます。
 拝見して比べますに、あの后の宮は存じませんが、姫君はおきれいでいらっしゃいますが、まだお小さくて、これから先どんなにお美しくなられることかと思われます。
 奥方のご器量は、やはりどなたもお並びにはなられないだろうとお見えになります。殿も、優れているとお思いでいらっしゃいますが、口に出しては、どうして数の中にお加え申されましょうか。『私と夫婦でいらっしゃるとは、あなたは分不相応ですよ』と、冗談を申し上げていらっしゃいます。
 拝見すると、寿命が延びるお二方のご様子で、他にそのような方がいらっしゃるものだろうかと、思っておりましたが、どこに劣ったところがございましょうか。物には限りというものがありますから、どんなに優れていらっしゃろうとも、頭上から光をお放ちになるようなことはありません。ただこういう方をこそ、お美しいと申し上げるべきでしょう」 と、微笑んで拝見するので、老人も嬉しく思う。

 

《朝になって右近は、皆を伴って知り合いの僧の坊に下がり、初めて姫君の姿を間近に見ます。すると、昨日も後ろ姿を遠目に見た時に、かわいらしく立派な人だと思って見たのでしたが、やはり思った通りでした。

彼女は、自分の探し求めていた姫がそのようであったのが嬉しかったのでしょう、延々と姫を称える話をします。ここの終わりに「老人も嬉しく思う」とありますから、直接には乳母に向かっての話と思われます。

まず、彼女の考える、源氏のお側の人で美しい人として、「殿の奥方」(紫の上)が第一で、そして「ご成長されてゆく姫君」(明石の姫君)を挙げます。そしてその二人と並べて、この姫君は「このように質素にしていらっしゃりながら」なお遜色がない、と絶賛します。読者はこれまで幾度かこの姫の美しさを聞かされてきましたが、ここまでとは思いませんでしたから、あらためてこの姫の存在感が増します。

源氏は普段、自分では紫の上の美しさを言わないようで、「私と夫婦でいらっしゃるとは、あなたは分不相応ですよ」などと冗談を言っているようで(古今を問わず男どものいいそうな言葉で親しみが持てます)、その源氏が第一に挙げるのは藤壺ですが、右近は残念ながらその人は知りません。明石の姫君はまだ幼いので措くとすると、もしこのまま順調にこの姫が源氏の側に言ったならば、間違いなく美貌一、二を競うことになるだろうと、右近は言っているわけです。

乳母は、自分が手塩に掛けて育てた姫が、このように最高級の讃辞を得て、長年の苦労の報われる思いで満足この上なく、嬉しく思うのでした。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第六段 三条、初瀬観音に祈願

【現代語訳】
 国々から、田舎の人々が大勢参詣しているのであった。この国の守の北の方も、参詣しているのであった。たいそうな勢いなのを羨んで、この三条が言うことには、
「大慈悲の観音様には、他のことはお願い申し上げますまい。わが姫君様が、大弍の北の方に、さもなければこの国の受領の北の方にして差し上げたく思います。私三条らも、身分相応に出世して、お礼参り致します」と、額に手を当てて念じている。

右近は、ひどく縁起でもないことを言うものだと思って聞いて、
「とても、ひどく田舎じみてしまったのね。頭の中将殿は、昔のご信任でさえどれほどでいらっしゃったことか。まして、今では天下をお心のままに動かしていらっしゃる大臣で、どんなにか立派なお間柄であるのに、このお方ともあろう方が、受領の妻としてお定まりになるものですか」と言うと、
「おやめ下さい。大臣方の話もちょっと待って。大弍のお館の奥方様が、清水のお寺や観世音寺に参詣なさった時の勢いは、帝の行幸にも決して劣らないでしょう。まあ、いやだこと」と言って、ますます手を額から離さず、一心に拝んでいた。
 筑紫の人たちは、三日間参籠しようとお心づもりしていらっしゃる。右近は、それほどとは思っていなかったが、このような機会にゆっくりお話しようと思って、お籠りする由を、大徳を呼んで言う。願文などに書いてある趣旨などは、そのような人はこまごまと承知していたので、いつものことで、
「例の藤原の瑠璃君というお方のためにお灯明を奉ります。よくお祈り申し上げてくださいませ。その方は、つい最近お捜し申し上げました。そのお礼参りも申し上げましょう」と言うのを、耳にするのも乳母達は嬉しい気がする。法師は、
「それはとてもおめでたいことですな。怠りなくお祈り申し上げたしるしでございます」と言う。とても賑やかに一晩中お勤めするのである。



《お参りの人で混雑する中に、ひときわ立派な様子で大和国の守の奥方の一行が目立っていました。下女の三条はその威勢に圧倒される気持です。

すっかり田舎生活に染まった彼女が思い描くことのできる栄華はこのくらいまでが限界なので、お守りする姫が、できるkとなら太宰府の大弐の奥方に、できなければせめてこの国の守の奥方くらいにおなりになることを、ひたすらお祈りしています。

右近はそれを聞いて、縁起でもないと思って聞きました。彼女は日ごろ源氏の側にあって、「大和の守が源氏の邸で、どれほど卑屈な態度をとり、額を地にこすりつけているかを見なれている」(『評釈』)のです。

彼女は、姫がどれほどの地位であるかを三条に語りますが、三条には理解できず、とうとう帝と大弐が同じようなものだとまで言ってしまいます。

その小さな頑なさを作者は「ますます手を額から離さず、一心に拝んでいた」とだけ言って評を加えませんが、その分、かえって印象に残ります。

この物語の絵を囲んで語り手のこういう話を聞きながら、聞き手の女房たちは、田舎人の無知をどんなにか笑い、そして自分たちの優越を気持ちよく味わったことでしょう。

右近はもっと話をしなければならないと思い、参籠を延長することにして、ゆかりの僧にそれを伝えました。「藤原の瑠璃君」は、願文に書いたときの姫の仮の名前かと言います。姫が見つかった喜びに、さらに布施をはずんだことでしょう。

その様子を見ながら、乳母達はあらためて右近を頼もしく思い、喜びの涙に暮れるのでした。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ


 



第五段 右近、初瀬観音に感謝

【現代語訳】
 豊後介が、日が暮れてしまうからと慌てて御灯明の用意を済ませて、急がせるので、かえって落ち着かない気がして別れる。右近が「ご一緒しませんか」と言うが、お互いに供の人々が不思議に思うに違いないので、この豊後介にも事情さえ説明することができない。自分も相手も格別気を遣うこともなく、皆外へ出た。
 右近がこっそりと注意して見ると、一行の中にかわいらしい後ろ姿の方があって、ごく粗末なお忍びの旅姿で、四月ころの単衣のようなものの中に着込めていらっしゃる髪の透き影が、とてももったいなく立派に見える。おいたわしく悲しく見申し上げる。
 少し歩きなれている右近は、先に御堂に着いたのであった。この姫君を介抱するのに難渋しながら、初夜の勤行のころにお上りになる。とても騒がしく人々が参詣で混み合って大騒ぎである。右近の部屋は仏の右側の近い間に用意してある。姫君一行の御師は、まだなじみが浅いためであろうか、西の間で遠い所だったのを、
「もっと、こちらにいらっしゃいませ」と、探し合って言ったので、男たちはそこに置いて、豊後介にこれこれしかじかと説明して、こちらにお移し申し上げる。
「このように賤しい身ですが、今の大臣殿のお邸にお仕え致しておりますので、このように忍びの旅でも、無礼な扱いを受けるようなことはありますまいと心丈夫にしております。田舎びた方には、このような所では、たちの良くない者どもが侮ったりするのも、恐れ多いことです」と言って、話をもっとしたく思ったが、仰々しい勤行の声に紛れ、騒がしさに引き込まれて、仏を拝み申し上げる。右近は、心の中で、
「この姫君を、何とかしてお捜し申し上げたいとお祈り申して来たが、何はともあれこうしてお逢い申したので、今は願いのとおり、大臣の君がお捜し申したいというお気持ちが強いようなので、お知らせ申して、お幸せになりますように」などとお祈りしたのであった。

 

《参詣の作法や仕方がよくわからないので、読みにくいのですが、この宿は、今夜泊まる宿ではなく、単に休憩に寄ったということのようです。次の節に、豊後介一行は三日間参籠するつもりだったと書かれています。

今夜がその第一夜で、この椿市の宿で灯明などの用意をして、日の暮れないうちに、さらに一里ほど奧の初瀬寺に入ろうと急ぎます。慌ただしい折で、乳母は豊後介にまだ十分な説明をしないままです。

二組の一行はお互いに何となく気心が知れて「格別気を遣うこともなく、皆外へ出た」ので、右近は、相手の一行の中に姫の姿を見ることができました。それは「四月ころの単衣のようなものの中に着込めていらっしゃる髪」(単衣の着物を後ろ髪の上に羽織っているので、髪がすけて見える姿)が美しい人でした。

前に九条の家に入った頃「秋に移っていくにつれて」(第三章第一段)とありましたから、四月(初夏)の頃に着る単衣を羽織っているというのは、姫の今の境遇を物語っています。そもそもが「ごく粗末なお忍びの旅姿」であって、気の毒な様子に、ひそかに右近の心は傷むのでした。

大変なお参りの人で混雑する中で、勤行が始まりました。何度も来て場を心得ている右近は、乳母たち一行がつての薄いままに端近にいるのを見つけて、こちらへと招いたので、乳母は、息子にこの時初めて事情を説明して、男たちはそこに残して、女たちだけ、といっても多分三人の女性、姫と乳母と三条とでやって来ました。

話をしたいのですが、勤行の声が大きく、それに引き込まれてしまいました。

右近は、ともあれ源氏に早くお伝えして、この姫にお幸せになってもらわなければ、と考えるのでした。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

プロフィール

ikaru_uta

カテゴリー
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ