【現代語訳】

介は、
「まったく、そのようなお便りがございますことは、詳しく存じませんでした。ほんとうに実の娘と同じように世話すべき人ですが、よろしくない娘どもが大勢おりまして、大したことでもないわが身でいろいろと世話しているうちに、母にあたる者も私がこの娘を自分の娘と分け隔てしていると、僻んで言うことがありまして、何とも口出しさせない人のことですので、うすうすそのようにおっしゃっているということは聞きましたが、私を期待してお思いになっていたお心がありましたとは、知りませんでした。
 それは、実に嬉しく存じられることでございます。

たいそうかわいいと思う幼い娘は、大勢の娘たちの中で、この子を命に代えてもよいと思っております。ご所望なさる方々はあっても、今の世の中の人の心は、頼りないと聞いていますので、かえって胸を痛めることになろうかという心配から、決心することもありませんでした。
 何とか安心できるようにしておきたいと、明け暮れ切ない思いでいましたが、少将殿におかれ申し上げましては、亡き大将殿にも若い時からお仕えして参りました。家来として拝見しましたが、たいそう人物が立派なので、お仕え申したいものだとお慕い申し上げて来ましたが、遠国に引き続いて過ごして来ました何年もの間に、お会いするのも恥ずかしく思われまして、参上してお仕えしませんでしたが、このようなお気持ちがございましたのを、返し返すも、仰せの通り差し上げますことはたやすいことですが、今までのお考えに背いたようにわが妻が思いますことが、気がかりに存じられるのです」と、たいそうこまごまと言う。

 

《介の返事は、なかなか理が通っていて、北の方が馬鹿にしているのは当たらないのではないかと思えるほど、立派なものに聞こえます。

 北の方の姫に縁談があるようだということは、うすうす知っていましが、「よろしくない娘どもが大勢おりまして」、そちらにかまけているうちに、北の方がえこ贔屓をすると怒って、その姫については口出しができなくなっていたので、と謙虚に事情を話します。

しかしそれでも、「私を期待してお思いになっていたお心がありましたとは」と喜んで語って、やはりこの点が彼の自尊心をくすぐったようです。

 その上で、残っている娘はひときわ大事な娘なのだと箔をつけておいて、次に「家来として拝見しましたが、たいそう人物が立派なので、…」(諸注、少将のことについて言っているのだとしています)と、少々ごまをすって、お世話になっった「亡き大将殿」の、あの立派だったご令息なら、「仰せの通り差し上げますことはたやすいこと」と請け合いますが、ただ一つ、さすがにそれでは「わが妻が思いますことが、気がかりに存じられるのです」と、まことにもっともな言い分です。

 言っていることもきちんとした話ですが、物言いも大変丁寧で、今目の前にいるのは、仲人役の男なのですが、彼に対しても「そのようなお便りがございます(原文・かかる御消息はべる)」から始まって、ずっと「はべり」の連続です。

やはり、介(正六位下・地下)である彼にとって、四階級上の少将(正五位下・殿上人)という地位はかなりのもので、願ってもない縁談ということなのでしょう。

 終わりの「このようなお気持ちがございましたのを」が、後につながりにくく思われます。原文は、「かかる御こころざしのはべりけるを」で、『評釈』はここで文を切って、「…お気持ちがございましたとは。」としています。その方が分かりやすく思われます。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ