【現代語訳】

 この仲人は、妹がこの西の御方に仕えているのをつてにして、このようなお手紙なども取り次ぎ始めたが、常陸介からは詳しく知られていない者なのであった。ただずかずかと、介の座っている前に出て行って、
「申し上げねばならないことがあります」などと取り次がせる。介は、
「この家に時々出入りしているとは聞くが、前には呼び出したことのない人が、何事を言いにきたのであろうか」と、どこか愛想のない態度であるが、
「左近の少将殿からのお言葉で参りました」と言わせたので、会った。話し出しにくそうな顔をして、近くに座り寄って、
「ここ幾月も、御内儀の御方にお便りを差し上げておられましたところ、お許しがあって、今月のうちにとお約束申し上げなさったことがございましたが、吉日を選んで早くとお考えのところに、ある人が申したことには、
『確かに北の方のお産みになった方ではあるが、常陸介様の御娘さまではいらっしゃらず、良家のご子息がお通いになるには、世間の聞こえも取り入ろうとしているようであろう。受領の婿殿におなりになるこのような公達は、ただ私的な主君のように大切にされて、手の中の玉のように大事にご後見申されることによって、そのような縁組を結びなさる人びともいらっしゃるようですが、やはりその願いは無理なようなので、少しも婿として承知していただけず、劣った扱いでお通いになることは、不都合なことだ』ということを、しきりに悪く申す人びとが大勢ございますようなので、ただ今お困りになっています。
 『初めから、ひとえに羽振りがよく、後見者としてお頼り申すのに十分でいらっしゃるご評判をお選び申して、求婚し始めたのだ。まったく、他人の娘がいらっしゃるということは知らなかったので、最初の希望通りに、まだ幼い娘も大勢いらっしゃるというのをお許しくださったら、たいへんに嬉しい。ご機嫌を伺って来るように』と命じられましたので」と言うと、

 

《話の途中ですが、長くなりますので、ここで切ります。

 仲人役は、これまで自分の妹が「西の御方」(あの姫をさすようです)の侍女だった縁で、話を取り次いでいたようです(それならその妹の立場を思えば、なおさら乱暴な乗り換えの話ですが、そういう現実的な男なのです)。

ともかく少将と約束をしてしまっていますので、介に話をもって行きました。

 介は、初めてやって来た男が、何の話かと仏頂面ですが、「左近少将」の使いと聞いて会うことにしました。

 さすがに男は「話し出しにくそうな顔」でしたが、どうもこれもそういう格好をして見せているだけのようにも思われます。

 それかあらぬか、話し始めると、男は、何の飾ることもなく、まったくざっくばらんに、ただ実際は少将の不満だったところを「大勢」の人の「悪口」というふうに少し潤色して(さすがに少将の品格を落とさないように配慮したのでしょう)、少将は周りから言われて困っているということで、話しました。

 「ただ私的な主君のように大切にされて、…」は、婿に入ったものが父親の介から「私的な主君のように大切にされ」ようとして縁組を求めることはよくあることだが、相手が実の娘でなくてはそれは期待できそうになく、それどころか、他の婿とは一段劣ったあつかいになるだろう、という意味のようです。

 最後に少将の言葉をおおむねそのまま伝えるのですが、これもたいへん率直です。しかし「ひとえに羽振りがよく、後見者としてお頼り申す」は、介のような人の自尊心を間違いなく十分にくすぐるでしょう。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ