【現代語訳】

 この仲人は人に追従して嫌なところのある性質の人なので、これをとても残念なことと相手方とこちら方と対して思ったので、
「実の介の娘をとお思いならば、まだ若くていらっしゃるが、そのようにお伝え申しましょう。妹にあたる娘を姫君と呼んで、介様は、たいそうかわいがっていらっしゃるそうです」と申し上げる。
「さあね。初めからあのように申し込んでいたことをおいて、別の娘に申し込むのも嫌な気がする。

けれども、自分の願いは、あの介殿が人柄も堂々としてしっかりした人なので、後見人ともしたく、見込むところがあって思い始めたことなのだ。

もっぱら器量や、容姿のすぐれている女を希望するということもない。上品で優美な女を望むなら、簡単に得られよう。しかし、物寂しく不如意でいて風雅を好む人の最後は、みすぼらしい暮らしで、人から人とも思われないのを見ると、少し人から馬鹿にされようとも、平穏に世の中を過ごしたいと願うのだ。

介殿に、このように言っていると話して、それでもと承知する様子があったら、問題なかろう、そうしよう」とおっしゃる。

 

《少将に怒られて困ってしまった仲人役は、これが破談になったら、両方に対して自分の立場がなくなると思って、介の実の娘をお望みなら、「妹に当たる娘」がいますが、そちらと話をつけましょうかと、言い出しました。「妹」は介と北の方の間にできた、この姫の妹に当たる娘です。

 「これをとても残念なことと…」は、破談自体を残念がるのではなくて、それによって自分が双方と関係がなくなるのを残念と思った、ということでしょう。

 それなら代わりに、実の娘を取り持ちましょうと、あっさり言い出すというのも、ずいぶん乱暴な話で、初め、「相手方とこちら方(原文・こなたかなた)に対して」残念というのは少将と北の方に対して、であったはずですが、北の方の方は無視されてしまっていることになります。彼にしてみれば、それによって介と関係ができればその方がいいとでも考えていそうです。

 少将も、さすがに初めは一瞬、まずいのではないかと思ったようで、「さあね(原文・いでや)」、と切り出しますが、話しているうちに、だんだん考えがまとまっていくといった様子で、自分の本来の、きわめて現実的(打算的)な願いを思い出してみると、「問題なかろう、そうしよう(原文・何かは、さも)」となってしまいました。

 それにしても、娘の容姿よりも親が後ろ盾になるかどうかの方が大事とこうあっさりと割り切っているあたり、またその功利的な乗り換えることで後に世間から批判を受けるかもしれないことを「問題ない」と切り捨てて本音で語るあたり、みえみえの「追従」をする仲人とともに、これまでこの物語ではまったく見なかった、新しいタイプの人間像の登場です。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ