【現代語訳】
 少弍は、任期が終わって上京しようとするが、遠い旅路である上に、格別の財力もないこの人は、ぐずぐずしたまま思い切って旅立ちしないでいるうちに、重い病に罹って、死にそうな気持ちでいた時にも、姫君が十歳ほどにおなりになった様子が、不吉なまでに美しいのを拝見して、
「自分までがお見捨て申して、どんなにふうに落ちぶれなさることであろうか。辺鄙な田舎で成長なさるのも恐れ多いことと存じているのだが、早く都にお連れ申して、しかるべき方にもお知らせ申し上げて、ご運勢にお任せ申し上げるにしても、都は広い所だからとても安心であろうと、準備していたのに、自分はこの地で果ててしまいそうなことだ」と、心配している。

男の子が三人いるので、
「ただこの姫君を都へお連れ申し上げることだけを考えよ。私の供養など考えなくてもよい」と遺言していたのであった。
 あの方のお子であるとは、館の人たちにも知らせず、ひたすら「孫で大切にしなければならない訳のある子だ」とだけ言いつくろっていたので、誰にも見せないで、大切にお世話申しているうちに、急に亡くなってしまったので、乳母は悲しく心細くて、ひたすら都へ出立しようとしたが、亡くなった少弍と仲が悪かった国の人々が多くいて、何やかやと、恐ろしく気遅れしていて、不本意にも年を過ごしているうちに、この君は、成人して立派になられていくにつれて、母君よりも勝れて美しく、父大臣のお血筋まで引いているためであろうか、上品でかわいらしげである。気立てもおっとりとしていて申し分なくいらっしゃる。

 

《五年が経って乳母の夫・少弐は任が終わったのですが、財力が無く都に帰る費用の算段が必要だったらしく、「ぐずぐずしたまま」一、二年が経ったでしょうか。普通、官吏は地方に下って財を蓄えて帰京するはずですが、どうも彼はそうではなかったようです。

 彼は、十歳ほどになって、いよいよ美しくなった姫を見て、「都は広い所だから(つても多く期待できるので)とても安心であろう」と、何とか都に帰して、それなりのよい縁を見つけてやらなくてはならないと考えるのですが、時を見計らっているうちに、自分は病にかかってしまいました。そこで三人の息子達に自分の葬儀よりも姫を帰すことを考えよと命じます。

 大変律儀な人のようです。だから姫を誰の子と明かさないで自分の孫ということで世話をしていた、ということもあるのでしょうが、また、そういう人だから、融通が利かず財を蓄えるのも下手だったし、また「少弍と仲が悪かった国の人々が多く」ということにもなったのでしょう。

さて少弐は本当にそのまま亡くなってしまいました。後に残された乳母は、姫を連れて早く都に、と思うのですが、よい手蔓もなく途方に暮れて、また数年が過ぎます。

その間にも姫はさらにまた美しく、左大臣家の血を引いて上品にも育っていった、と言います。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ