【現代語訳】
 あの若君は、手紙をやることさえおできになれず、もっと大事な方のことが心にかかって、月日が経つにつれて、無性に恋しい面影に二度と会えないのではないかということばかり思っている。大宮のお側へも、何となく気乗りがせず参上なさらない。いらっしゃったお部屋や長年一緒に遊んで馴染んだ所ばかりが、ますます思い出されるので、里邸全てを疎ましくお思いになられて、学問所に籠もっていらっしゃる。
 大殿は、東院の西の対の御方(花散里)に、お預け申し上げなさったのであった。
「大宮のご余生も永くはなさそうなので、お亡くなりになった後も、こうした子供の時から親しんで、お世話してください」と申し上げなさると、ただおっしゃるとおりになさるご性質なので、親しくかわいがって上げなさる。
 ちょっととなどお顔を拝見しても、
「器量はさほどすぐれていないな。このような方をも、父はお捨てにならなかったのだ」などと思い、

「自分が、むやみに、つれない人のお顔を忘れられずに心にかけて恋しいと思うのもつまらないことだ。気立てがこのように柔和な方をこそ愛し合いたいものだ」と思う。

また一方で、
「向かい合っていて見てもかいのないと思うのも気の毒な感じだ。こうして長年連れ添っていらっしゃったが、殿が、そのようなご器量とお人柄を承知なさったうえで、『浜木綿(直接には顔を合わせない)』ほどの隔てを置き続けて、何やかやとなさって見ないようにしていらっしゃるらしいのも、もっともなことだ」と考える心の中は、大人顔負けであることだった。
 大宮が、お顔は尼姿でいらっしゃるが、まだたいそう美しくいらっしゃって、こちらでもあちらでも、女性は器量のよいものとばかり目馴れていらっしゃるが、この対の御方はもともとさほどでなかったご器量が、少し盛りが過ぎた感じがして、痩せてみ髪が少なくなっているのなどが、このように難をつけたくなるのであった。

 

《夕霧は愛しく思う雲居の雁に会えないつらさから、思い出多い大宮邸に行く気もしなくなって、学問所に籠もってしまいます。これまでは大宮が守り役という格好だったのですが、学問所が二条院東院になってました(第二章第四段)ので、源氏は、東院を仕切る役を与えられていた花散里に夕霧の今後を託します。

親代わりの花散里に会って、夕霧は生まれて初めて、美しくない女性を見たのでした。

そこで彼はいろいろなことを思います。

まず第一に、父がこんな美しくない人も、こうして大事にしていることに感心して、父の心の大きさを感じたようです。庶民感覚からすれば、ひと歳とればどうでもいいことだと思われますが、貴族の感覚はそういうものではないようです。

そこからさらに、彼は、そういう美人ではない女性は、その女性のためにまともに見てはならないものなのだと悟り、源氏が彼女に直接には顔を合わせないようにしているのを、なるほどと思うのです。

そして彼にとって最も大きなことは、やはり女性は、顔ではなくて気立てが大切なのかも知れないと思い、自分は雲居の雁の「お顔を忘れられず心にかけて恋しい」と思っているが、それはつまらないことだとも思った、ということでしょう。

そう言えば彼女の弟に手紙を頼む時も「顔がたいそうよかったので、無性に恋しい」と、随分具体的に言っていた(前々節)のが思い出されます。まるで本当に彼は顔だけを見ていたようで、そうするとここでの認識は彼にとっては大事件であったわけです。

ただ、読者にとっては、もう一つの驚きがあるのであって、それは彼が自分の恋について、そういう反省をしたという事実です。

父の源氏は、他のことでもそうですが、こういう反省をしたことが一切ありません。末摘花とのことは源氏の失敗談ですが、あの時も彼は自分のしたことが間違っていたなどとは思わず、ただ相手の女性の容貌や振る舞いに呆れていただけでした。朝顔の君や斎宮の女御への恋心は不首尾に終わりますが、それは相手の拒否と世間体を憚った結果であって、自分の思い自体に対して疑問や反省があったわけではありませんでした。

源氏がひたすら行動の人であるのに対して、夕霧は内省の人で懐疑派であるようで、新しいタイプの人が登場していることになります。

 

※ この物語には直接の関わりはないことですが、時事に触れて、書き置きます。

六月五日、衆院憲法審査会で現在審議中の安保法制について、自民党推薦の長谷部氏が、野党推薦の二氏とともに、違憲だと述べられたことについて、学者の良心と、深く感銘しました。

そしてこの方は、実は同党が、初めに推薦した佐藤幸治氏に断られて、代わりにお願いした人だそうで、その佐藤氏も、その翌日、「立憲主義の危機」というシンポジウムで、戦前の天皇機関説を引き合いに出しながら、同じように違憲という見解を述べられたそうです。

安保法制の改定は、多分いずれは本当に必要なのではないかいう気がします。

しかし、この専門家の身を挺しての見解は、今次の作業について一般の私たちが何となく感じていた疑問とか不安に、明確な形を与えました。学者という人の良心を、大変心強く思いましたし、それを大衆は応援しなければならないのではないでしょうか。こうした見解が決して少数ではなくある以上、ここはやはり一度踏みとどまらなくてはならないと思います。

そして、こうした意見表明が、安心してできる社会を守らなくてはならないと思いました。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ