源氏物語 ・ おもしろ読み

ドストエフスキーの全著作に匹敵する(?)日本の古典一巻を 現代語訳で読み,かつ解く,自称・労大作ブログ 一日一話。

第六段 小宰相、薫に僧都の話を語る~その2

【現代語訳】

「あの僧都が山から下りた日に、尼にしました。ひどく病んでいた時には、世話する人が惜しんでさせなかったのを、ご本人が深い念願だと言ってなってしまったのだ、ということでした」と言う。場所も違わず、その当時のありさまなどを思い合わせると、違うところがないので、
「本当にその人だと探し出したら、とても嫌な気がするだろうな。どうしたら、確実なことが聞かれるだろうか。私自身で訪ねて行ったりするのも、愚かしいなどと人が言ったりしようか。

また、あの宮がお聞きつけになったら、きっとお思い出しになって、決心して入ったらしい仏道もお妨げなさることであろう。
 そういうことで、『そのようなことをお話しになるな』などと、申し上げおきなさったせいで、私には、そのようなことを聞いたと、そのような珍しいことをお聞きになりながら、仰せにならなかったのであろうか。

宮も関係なさっているというのなら、せつなくいとしいと思うけれども、きっぱりと、そのまま亡くなってしまったものと思い諦めよう。
 この世の人として、いつの日にか黄泉のほとりの話くらい、自然と話し合えるふとした機会もきっとあろう。自分のものとして取り戻して世話するような考えは、二度と持つまい」などと思い乱れて、

「やはり、お話しにはならないだろうか」と思うけれども、ご様子が気にかかるので、大宮に、適当な機会を作り出して、申し上げなさる。

 

《前段の小宰相の話は、浮舟が僧都に見つけられて小野の里で妹尼の世話を受けている、といったあたりまでのことだったのでしょう。

ここで出家してしまったことが話されます。

 薫は、その時期や場所を考え併せて、どうやら浮舟に間違いなさそうだと考えました。

 そして、もしそれが本当で、探し出してそうだと決まったら、「とても嫌な気がするだろうな(原文・あさましきここちもすべきかな)」と思いました。

『評釈』はそれを「自分のこれまで一年あまりのあいだ悲しんできた気持が、不意にこの話によって無意味になってしまったことに対する不快感である」と言います。しかしそれなら前段の範囲でも言えることですし、そう思うなら、「私自身で直接訪ねて行く」などという気にはならないでしょう。

ここは出家した姿の浮舟を見ることになることの意外感と不快感を言うのではないでしょうか。彼には訪ねていく気があるのですが、自分が世話をしていた女はこんな変なことをする女だったのだと思うことになるのが嫌だ、と言っているように思います。

 そう思いながら、中宮がご存知なら匂宮は当然知っているだろう、そして自分で訪ねて行くつもりで、中宮には、私には言わないでおいてくれと言い置かれたのだろう、だから中宮はあの時私に話して下さらなかったのだ、そういうことなら、「せつなくいとしいと思うけれども」、私はあっさり身を引こう、その内に色恋のことを離れて、浮舟が一度は見て来ただろうあの世の話くらいはできるようになるだろう…、といったんは思うのですが、しかし、それでもやはり心が残るようで、「ご様子が気にかかるので」、中宮と話がしたいと、機会を作ります。

この「ご様子」を『評釈』は匂宮の様子と言いますが、それなら直にあって探りを入れようとするでしょうから、『集成』の「中宮のご意向」という方が自然だと思われます。

中宮が、匂宮と浮舟のこれからのあり様をどう考えているのか、もし縁を切らせようと思っておられるのなら、自分が浮舟の様子を見ることも考えてみようということのようです。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第六段 小宰相、薫に僧都の話を語る~その1

【現代語訳】

小宰相にこっそりと、
「大将は、あの人のことをとてもしみじみと思ってお話になったので、おいたわしくて打ち明けてしまいそうだったが、その人ではないかもしれないからと、遠慮されて。あなたは、あれこれ聞いていましたね。不都合と思われるようなことは隠して、こういうことがあったと、世間話のついでに、僧都が言ったことを話しなさい」と仰せになる。
「御前様でさえ遠慮あそばしているようなことを、まして、他の者では」申し上げるが、
「いろいろな場合があるのです。また、私には具合の悪い事情があるのですよ」と仰せになるのも察して、素晴らしい心遣いだと拝する。

 立ち寄ってお話などなさるついでに、話を出した。珍しくも不思議なことだと、どうして驚かないことがあろう。

「宮がお尋ねあそばしたことも、このようなことを、いくらかお気づきになってのことだったのだ。どうして、すっかり話してくださらなかったのだろう」とつらい思いがするが、
「自分もまた初めからの様子を申し上げなかったのだから。こうして聞いた後にもやはり馬鹿らしい気がして、他人には全く話さないのだが、かえって他では噂になっていることもあろう。生きている人びとの中で隠していることでさえ、隠し通せる世の中だろうか」などと考え込んで、この人にも、これこれであったなどと打ち明けなさることは、やはり話にくい気がして、
「やはり、変だと思っていた女の身の上と、似ていた人の身の上だ。ところで、その人は、今も生きているのだろうか」とお尋ねになると、


《途中ですが、ここで区切ります。

中宮は、これ以上薫に話を聞くのはよくないと考えてやめたのですが、僧都から聞いた薫のお思い人らしい人の消息を、最後まで伝えないでしまうことはできないと考えたのでしょう、小宰相に、あなたから薫に話してあげなさい、と指示しました。

この人は、薫の思い人で(蜻蛉の巻第五章第一段)個人的に逢うこともあり、そして僧都が中宮に話したときに一緒に聞いており、またそれとは別に彼女の姉からも同じ話を聞いていて(第五章第五段)、事情に詳しい人です。

 彼女は、いったんは「御前様でさえ遠慮あそば」すようなことを、私ごときが、と断るのですが、「いろいろな場合が…」と言われ、さらに「私には…」と言われて、従うことにしました。『光る』が、「丸谷・(中宮の)その変なほのめかしで、パッと小宰相は(中宮の具合の悪い事情が)わかるんです。鈍感な人間は生きていかれない、たいへんな社会だったわけですよ。(笑)」と言います。

 さて、小宰相は薫が立ち寄ったおりに言い出しました。「お話など」の原文は「物語など」で『辞典』によれば「四方山話、雑談」ですから、ほんの世間話として、薫に関わる女性だなどとは思いもしないふうにさりげなく話した、ということでしょう。この人は、中宮がこの人なら大丈夫と認める人でした(蜻蛉の巻第五章第六段)から、そのあたりは心得たものだったのです。

「珍しくも不思議な…」は、それを聞いた薫の反応です。どう先日の中宮の様子は変だったと思い当たります。

「こうして聞いた後にも…」以下はつながりが分かりにくいところです。「他人には全く話さないのを…」、「生きている…」と三つの内容に分けて、それぞれをばらばらに「などと考え込んで」が受ける、と考えると、少し無理ですが、一応気持ちは分かるような気がしますが、どうなのでしょうか。

 わが身分に合わないみっともない女にこころを奪われてしまって「自分が笑いものになるような気がして」(『集成』)、自分からは誰にも何も話さなかったのだが、それでかえって噂になったのかも知れない、何しろ生きている人が秘密にしていることでも世間に知られるのだから、亡くなった人の噂は止める人もいないことで、すぐ広がるのだろうな、というようなことになります。

 そんな気持ちはおくびにも出さず、薫は、自分もそういう噂を聞いて興味を持っていたという体で、その人の安否を尋ねました。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

第五段 薫、明石中宮のもとに参上

【現代語訳】

 大将は、この一周忌の法事をおさせにになって、

「はかない縁で終わってしまったことだ」としみじみとお思いになる。あの常陸の子どもは、元服した者は蔵人にしたり、ご自分の近衛府の将監に就けたりなど目をお掛けになるのだった。

「童で、中でも小綺麗なのをお側近くに召し使おう」とお思いになっていたのだった。
 雨などが降ってひっそりとした夜に、后の宮に参上なさる。御前ののんびりとした日なので、お話などを申し上げるついでに、
「辺鄙な山里に何年か通っておりましたが、人の非難もございましたけれども前世の因縁があったのでしょう、誰でも気に入った向きのことはそうしたものと納得させながら、やはり時々逢っておりましたところ、場所柄のせいかと、情なく思うことがございました後は、道のりも遠くに感じられまして、長いこと通わないでいましたところ、最近ある機会に出かけまして、はかないこの世の有様をあれこれと考えますと、ことさらにわが道心を起こすために造っておかれた、聖の住処のように思われました」と申し上げなさるので、あのことをお思い出しになって、とてもお気の毒なので、
「そこには、恐ろしいものが住んでいるのでしょうか。どのようにしてその方は亡くなったのですか」とお尋ねあそばすのを、

「やはり、引き続いての死去をお考えになっているのか」と思って、
「そうかも知れません。そのような人里離れた所には、けしからぬものがきっと住みつくものですが、亡くなった様子も、まことに不思議でございます」と言って、詳しくは申し上げなさらない。

「やはり、このように隠している事柄を、すっかり聞き出してるのだ」とお思いになるようなのが、実に気の毒にお思いになり、宮が物思いに沈んでその当時病気におなりになったのを思い合わせなさると、やはり何といっても心が痛んで、

「どちらの立場からも口を出しにくい方の話だ」とおやめになった。

 

《前段から少し時が経ちました。浮舟の一周忌を終えて、今、久々に登場した薫は、感慨しきりです。

「思えば大将が始めて三条に隠れていた浮舟を訪ねたのは一昨年の九月のこと、そのまま宇治に住まわせてわずか半年ばかりで姿を消してしまった」(『評釈』)のですから、確かに「はかない縁」だったわけです。

そしてそれから、今、一年が経ちました。その間に、彼は、浮舟の母に約束した(蜻蛉の巻第四章第五段)ことをきちんと果たして、一族の者の官職の世話をして来ました。

 さて、そんなころのとある雨の夜、彼は中宮を何気ない「ご機嫌うかがい」(『評釈』)に訪ねました。御前に人も少なく、気軽な話ができる場面でした。彼は宇治の話をします。

彼の話はたいへん漠然とした話のように見えますが、中宮はすでに侍女の大納言から(蜻蛉の巻第五章第七段)と僧都から(手習の巻第五章第五段)話を聞いていて、、薫と浮舟とのことについてはかなり詳しく知っていますから、ほとんどのことが理解できました。

 「聖の住処」は八の宮が住んでいた所、という意味のようで、彼としては、故八の宮が「ことさらにわが道心を起こすために」誘われたのではないか、という話、つまり道心の話をしたかったということでしょうか。

しかし、中宮は、なまじっか浮舟がらみの話を知っているだけに、「場所柄のせいかと、情なく思うこと」があった、という点に関心が向いたようです。それが、二人の姫が相次いで亡くなったことを言っているのだと分かりましたので、反応は率直で、「その方」の亡くなった時の様子を訊ねます。

人の会話の中には、こうしたちょっとした関心の食い違いがあって、それがコミュニケーションを面白くしたり、逆に意思の疎通を損なったするものだということを、この作者は好く承知しているようで、折々巧みに利用します。

 ここでは、薫は中宮のその言葉に、いろいろなことを知っておられるようだと、ちょっと警戒する気分です。

「その方(原文・かの人)」は単数ですから、この場合、浮舟のことを訊ねておられることになるのでしょう。

薫は、所詮は身分不相応の田舎の姫相手の、「人の非難もございました」という話であり、さらには正室・女二の宮の手前もあって、ということなのでしょう、あまり大ぴらにはしにくい方に話が向かいかけたので、さりげなく話を収めようとしているようです。

 中宮はそういう薫の気持ちを、これまた素早く気付かれたようで、これ以上の追求はこの人を困らせるだけでもあり、またさらに話せば、息子の匂宮についてこちらからも何か言わねばならない羽目になりそうで、「どちらの立場からも口出しにくい」話だと、とりあえずはこちらも切り上げられます。

 しかし、話したいことがあるにはあるのです。》

にほんブログ村 本ブログ 古典文学へにほんブログ村 教育ブログ 国語科教育へにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

livedoor プロフィール
カテゴリー
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ